大政奉還上表文

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

大政奉還上表文

口語訳

慶応三年十月十四日コ川慶喜奏聞

 

臣慶喜、謹みて皇国時運の沿革を考へ候に、昔、王綱紐を解き、相家権を執リ保平(保元・平時)の乱、政権武門に移てより祖宗に至り更に寵眷(ちょうけん)を蒙り、二百余年子孫相承、臣其職を奉すと雖も、政刑(せいけい)当を失ふこと少なからず、今日の形勢に至候も、畢竟、薄徳(はくとく)の致す所、慚懼(ざんく)に堪へず候、況(いわん)や当今、外国の交際日に盛により、愈(いよいよ)朝権一途に出で申さず候而(そうらいて)は綱紀立ち難く候間、従来の旧習を改め政権を朝廷に帰し奉、広く天下の公議を尽し、聖断を仰き同心協力共に 皇国を保護仕(つかまつ)り候得(そうらえ)は、必す海外万国と並び立つ可(べ)く候、臣慶喜、國家に尽す所、是に過ぎずを存し奉り候、乍去(さりながら)、猶見込の儀も之れ有り候得は、申し聞く可き旨、諸侯へ相達し置き候、依之(これによりて)此段、謹みて奏聞(そうもん)仕(つかまつ)り候、以上

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る