北条重時宛北条泰時書簡

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

北条重時宛北条泰時書簡

口語訳

北条重時宛北条泰時書簡

 

御成敗候べき条々の事注され候状を、目録となずくべきにて候を、さすがに政の体をも注載(ちゅうしのせ)られ候ゆえに、執筆の人々さかしく式条と申(もうす)字をつけあて候間、その名をことごとしきように覚(おぼえ)候によりて式目とかきかえて候也。其旨を御存知あるべく候か。さてこの色目をつくられ候事は、なにを本説として被註載(ちゅうしのせらるる)之由、人さだめて謗難(ぼうなん)を加(くわうる)事候か。ま事にさせる本文にすがりたる事候はねども、ただ道理のおすところを被記(しるされ)候者也。かように兼日に定め候はずして、或はことの理非をつぎにして其人のつよきよわきにより、或は、御裁許ふりたる事をわすらかしておこしたて候、かくのごとく候ゆえに、かねて御成敗の体を定めて、人の高下を不論(ろんぜず)、偏頗(へんぱ)なく裁定せられ候わんために、子細記録しをかれ候者也。この状は法令のおしえに違するところなど少々候えども、たとえば律令格式はまなをしりて候物のために、やがて漢字を見候がごとし。かなばかりをしれる物のためには、まなにむかい候時は人の目をしいたるがごとくにて候へば、この式目は只かなをしれる物の世間におおく候ごとく、あまねく人に心えやすからせんために、武家の人への計らいのためばかりに候。これによりて、京都の御沙汰、律令のおきて聊も改まるべきにあらず候也、凡法令のおしえめでたく候なれども、武家のならい、民間の法、それをうかがいしりたる物は百千か中に一両もありがたく候か。仍諸人しらず候処に、俄に法意をもて理非を勘(かんがえ)候時に、法令の官人心にまかせて軽重の文どもを、ひきかむがえ候なる間、其勘録一同ならず候故に、人皆迷惑と云々、これによりて文盲の輩もかねて思惟し、御成敗も変々ならず候わんために、この式目を注置(ちゅうしおか)れ候者也。京都人々の中に謗難を加事候はば、此趣を御心得(え)候て御問答あるべく候。恐々謹言。

 

 貞永元年九月十一日       武蔵守在
  駿河守殿

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る