課役を除くの詔

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

課役を除くの詔

口語訳

今より後、三載(さい)に至るまで、悉(ことごと)く課役を除き、百姓の苦しみを息(のぞ)かしめよ。

 

出典:森清人『大日本詔勅謹解.第1』(日本精神協会、一九三四) P29
黒板勝美編『日本書紀:訓読.中巻』(岩波書店、一九三一) P162

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る