稲荷山古墳出土鉄剣銘

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

稲荷山古墳出土鉄剣銘

口語訳

辛亥の年七月中、記す。ヲワケの臣。上祖、名はオホヒコ。其の児(名は)タカリのスクネ。其の児、名はテヨカリワケ。其の児、名はタカヒ(ハ)シワケ。其の児、名はタサキワケ。其の児、名はハテヒ。(表)

 

其の児、名はカサヒ(ハ)ヨ。其の児、名はヲワケの臣。世々、杖刀人(じょうとうじん)の首と為り、奉事し来り今に至る。獲加多支鹵(ワカタケル)の大王の寺(朝廷)、シキの宮に在る時、吾、天下を左治し(佐け治め)、此の百練の利刀を作らしめ、吾が奉事の根原を記すなり。(裏)

 

出典:大津透『天皇の歴史1 神話から歴史へ』(講談社学術文庫、二〇一七) P87−88

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る