大泊瀬稚武天皇の御製歌

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

大泊瀬稚武天皇の御製歌

口語訳

籠(こ)もよ み籠(こ)もち
掘串(ふくし)もよ み掘串(ぶくし)もち
この岳(おか)に 菜摘(なつ)ます児(こ)
家告(の)らせ 名告(の)らさね
そらみつ 大和(やまと)の国は
おしなべて 吾こそ居(お)れ
しきなべて 吾こそ座(いま)せ
我にこそは 告(の)らめ 家をも名をも

 

出典:大津透『天皇の歴史1 神話から歴史へ』(講談社学術文庫、二〇一七) P130

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る