御祭文

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

御祭文

口語訳

明治元年三月十四日

 

懸(かけま)くも恐(かし)こき天神地祇の大前に今年三月十四日を生日(いくひ)の足日(たるひ)と撰(えらび)定めて禰宜(ちぎ)申さく今より天津神の御言寄(よさし)の随(まにま)に天下の大政を執行はむとして親王卿臣(まえつぎみ)国々諸侯百僚官人を引居(ひきい)連(つらね)て此神床の大前に誓(うけい)つらくは近き頃ほひ邪者(まがもの)の是所彼所に荒び武びて天下佐夜芸(さやき)に佐夜芸の心を平穏ならう故是以(かれこれもって)天下の諸人等の力を合せ心を一つにして皇我政(すめらがあがまつりごと)を輔翼奉り令仕(つかえまつらせ)奉給へと請祈申す礼代は横山の如置(ことおき)高成て奉る形を聞食て天下の万民を治給い育給い谷蟆の狭渡(さわた)る極み白雲の墜居(おりい)向伏限り逆敵対者は令在給はず遠祖尊の恩頼を蒙りて無窮に仕奉るる人共の今日の誓約に違わむ者は天神地祇の倏忽(たちまち)に刑罰給わむ物ぞと皇神等の前に誓の吉詞(よこど)申給わくと申す。

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る