国威宣布の宸翰

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

国威宣布の宸翰

口語訳

明治元年三月十四日

 

朕幼弱を以て猝(にわか)に大統を紹(つ)ぎ、爾来何を以て万国に対立し列祖に事(つか)へ奉らんかと、朝夕恐懼(ちょうせききょうく)に堪えざるなり、窃(ひそか)に考るに中葉
朝政衰えてより、武家権を専らにし、表は朝廷を推尊して、実は敬して是を遠け、億兆の父母として絶て赤子の情を知ること能(あた)はざるよう計りなし、遂に億兆の君たるも唯(ただ)名のみに成り果て、其が為に今日朝廷の尊重は、古へに倍(ばい)せしが如くにて、朝威は倍(ます)ます衰え、上下相離るること霄壌(しょうじょう)の如し、かかる形勢にて何を以て天下に君臨せんや、今般朝政一新の時に膺(あた)り、天下億兆一人も其処を得ざる時は、皆朕が罪なれば、今日の事
朕自(みづから)身骨を労し心志を苦め、艱難の先に立ち、古列祖の尽させ給いし蹤(あと)を履み、治績を勤めてこそ、始めて天職を奉じて億兆の君たるところに背かざるべし、往昔(おうせき)列祖万機を親(みづか)らし、不臣のものあれば、自ら将としてこれを征し給い、朝廷の政総て簡易にして此如(かこのごとく)尊重ならざるゆえ、君臣相親み上下相愛し、徳沢(とくたく)天下に普く、国威海外に輝きしなり、然るに近来宇内(うだい)大に開け、各国四方に相雄飛するの時に当り、独我邦のみ世界の形勢にうとく、旧習を固守し、一新の効(しるし)をはからず、朕徒(いたづ)らに九重中(ここのえうち)に安居し、一日の安きを偸(ぬす)み、百年の憂(うれい)を忘るるときは、遂に各国の凌悔(あなどり)を受け、上は列聖を辱しめ奉り、下は億兆を苦めん事を恐る、故に朕ここに百官諸侯と広く相誓い、列祖の御偉業を継述し、一身の艱難辛苦を問ず、親ら四方を経営し、汝億兆を安撫し、遂には万里の波涛を拓開し国威を四方に宣布し、天下を富岳(ふがく)の安きに置んことを欲す、汝億兆旧来の陋習に慣れ、尊重のみを朝廷の事となし、神州の危急をしらず、朕一たび足を挙(あぐ)れば、非常に驚き、種々の疑惑を生じ、万口紛紜(ばんこうふううん)として、朕が志をなさざらしむる時は、是朕をして君たるの道を失はしむるのみならず、従て列祖の天下を失はしむる也、汝億兆能能(よくよく)
朕が志を体認し、相率て私見を去り、公義を採り、朕が業を助て、神州を保全し、列聖の神霊を慰(い)し奉らしめば、生前の幸甚(こうじん)ならん

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る