政体書

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

政体書

口語訳

明治元年閏四月二十一日

 

 去冬、皇政維新纔(わずか)に三職を置き続て八局を設け事務を分課すと雖も兵馬倉卒之間事業未だ恢弘(かいこう)せず故に今般、御誓文を以て目的とし政体職制被相改候は徒に変更を好むにあらず従前未定之制度規律次第に相立候訳にて更に前後異趣に無之候間内外百官此旨を奉体し確定守持根拠する所有て疑惑するなく各其職掌を尽し万民保全之道開成永続せんを要するなり
  慶応四年戊辰閏四月     太政官

 

   政体
一 大に斯国是を定め制度規律を建つるは、御誓文を以て目的とす
 一 広く会議を興し万機公論に決すへし
 一 上下心を一にして盛に経綸(競輪)を行ふへし
 一 官武一途庶民に至る迄各其志を遂け人心をして倦(う)まさらしめんことを要す
 一 旧来の陋習(ろうしゅう)を破り天地の公道に基くへし
 一 智識を世界に求め大に皇基を振起(しんき)すへし
 右、御誓文の条件相行われ不悖(ふはい)を以て旨趣とせり
一 天下の権力総てこれを太政官に帰す。則ち政令に途に出るの忠無からしむ太政官の権力を分つて立法行法司法の三権とす。則偏重の忠無らしむるなり
一 立法官は行法官を兼ぬるを得ず。行法官は立法官を兼ぬるを得ず。但し臨時都府巡察と外国応接との如き猶立法官得管之
一 親王公卿諸侯に非るよりは其一等官に昇るを得ざる者は親親敬大臣の所以なり藩士庶人と雖とも徴士の法を設け猶其二等官に至るを得る者は貴賢の所以なり。
一 各府各藩各県皆貢士を出し議員とす議事の制を立つるは輿論公議を執る所以なり
一 官等の制を立つるは各其職任の重きを知り敢て自ら軽んせしめざる所以なり
一 僕従の儀親王公卿諸侯は帯刀六人小者三人其以下は帯刀二人小者一人蓋し尊重の風を除て上下隔絶の弊なからしむる所以なり
一 在官人私に自家に於て他人と政事を議する勿れ若し抱議面謁を乞者あらば之を官中に出し公論を経べし
一 諸官四年を以て交代す公選入札の法を用うべし。但今後初度交代の時其一部の半を残し二年を延して交代す断続宜しきを得せしむるなり。若其人衆望の所属あって難去者は猶数年を延さるるを得ず
一 諸侯以下農工商各貢献の制を立つるは政府の費を補い兵備を厳にし民安を保つ所以なり。故に位官の者亦其秩祿官給三十分の一を貢すべし
一 各府各藩各県其政令を施す亦、御誓文を体すべし唯其一方の制法を以て他方を慨する勿れ私に爵位を興う勿れ私に通貨を鋳る勿れ私に外国人を雇う勿れ隣藩或は外国と盟約を立つる勿れ是小権を以て大権を犯し政体を紊るべからざる所以なり
一 官職
    太政官分為七官
○議定官
 上局
議定
 掌創立政体造作法制決定機務銓衝三等官以上及明賞罰定条約宣和戦
参与
 掌同議定
史官四人
 掌勘署文案受事上抄及造日誌
筆生
 下局
議長二人
議員
 議員承上局命所議条件如左
  租税之章程
  駅逓之章程
  造貨幣
  定機量
  輿外国結新約
  内外通商章程
  拓彊
  宣戦講和
  水陸拿捕
  招兵聚糧
  定兵賦
  築城砦或武庫於藩地
  彼藩輿此藩訴訟
 右一官執立法之権
○行政官
輔相二人
 掌輔佐 天皇奏宣議事督国内事務総判 宮中庶務
弁事十人
 掌受付内外庶事糺判 宮中庶務
権弁事
 掌同本官
史官六人
 掌勘 詔奏勘署文案検出稽失
筆生
 右一官執行法之権
○神祇官
知官事一人
 掌総判神祇祭祀祝部神戸
副知官事一人
 掌同知官事
判官事二人
 掌糺判官事
権判官事
 書記
 筆生
○会計官
知官事一人
 掌総判田宅租税賦役用度金穀貢献秩祿倉庫営繕運輸駅逓工作税銀
副知官事一人
判官事二人
権判官事
書記
筆生
○軍務官
知官事一人
 掌総判海陸軍郷兵招募守衛軍備
副知官事一人
判官事四人
権判官事
書記
筆生
○外国官
知官事一人
 掌総判外国交際督監貿易開拓彊土
副知官事一人
判官事六人
書記
筆生
 右四官分執行法之権
○刑法官
知官事一人
 掌総判執法守律監察糺弾捕亡断獄
副知官事一人
判官事四人
権判官事
書記
筆生
 右一官執司法之権
  地方官分為三官
○府
知府事一人
 掌繁育人民富殖生産敦教化収租税督賦役知賞刑兼監府兵
判官事二人
○藩
 諸侯
○県
知県事
 掌繁育人民富殖生産敦教化収租税督賦役知刑賞制郷兵
判県事
一 官等
○第一等官
輔相
議定
知官事
一等海陸軍将
○第二等官
参与
副知官事
知府事
二等海陸軍将
○第三等官
議長
弁事
判官事
判府事
一等知県事
三等海陸軍将
 以上三等官外国に対し大臣と称す
○第四等官
権弁事
権判官事
権判府事
二等知県事
○第五等官
史官
知司事
三等知県事
一等判県事
○第六等官
二等判県事
一等訳官
○第七等官
書記
三等判県事
判司事
二等訳官
○第八等官
官掌
守辰
筆生
三等訳官
○第九等官
訳生
使部
一 諸法制別に載す
一 右諸官有司此規律を守り以て失うなかる可し。若改革せんと欲するの条件あらば大会議を経て之を決す可し

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る