建武式目

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

建武式目

口語訳

鎌倉元のごとく柳営たるべきか、他所たるべきや否やの事
 右、漢家本朝、上古の儀遷移これ多く、羅縷(らる)に遑(いとま)あらず。希世に迄(いた)り、煩擾(はんじょう)あるによって、移徙(いし)容易ならざるか。なかんづく鎌倉郡は、文治に右幕下はじめて武館を構え、承久に義時朝臣天下を併呑す。武家においては、もっとも吉土というべきか。ここに禄多く権重く、驕を極め欲をほしいままにし、悪を積みて改めず。果たして滅亡せしめ了んぬ。たとい他所たりといえども、近代覆車の轍を改めずば、傾危(けいき)なんの疑いあるべけんや。それ周・秦ともに?函(こうかん)に宅するなり。秦は二世にして滅び、周は八百の祚をひらく。隋・唐おなじく長安に居するなり。隋は二代にして亡び、唐は三百の生業を興す。しからば居処の興廃は、政道の善悪によるべし。これ人凶は宅凶にあらざるの謂なり。ただし、諸人もし遷移せんと欲せば、衆人の情にしたがうべきか。

 

政道の事
 右、時を量り制を設く。和漢の間、何の法を用いらるべきか。まず武家全盛の跡を逐い、もっとも善政を施さるべきか。しからば宿老・評定衆・公人等済々たり。故実を訪(とぶら)わんに於て、何の不足あるべきか。古典に曰く、徳はこれ嘉政、政は民を安んずるにありと云々。早く万人の愁を休むるの儀、速かに御沙汰あるべきか。その最要あらあら左に註す。

 

一 倹約を行わるべき事
 近日婆佐羅(ばさら)と号して、専ら過差(かさ)を好み、綾羅錦繍(りょうらきんしゅ)・精好(せいごう)銀剣・風流服飾、目を驚かさざるはなし。頗(すこぶ)る物狂と謂うべきか。富者はいよいよこれを誇り、貧者は及ばざるを恥ず。俗の凋弊これより甚だしきはなし。もっとも厳制あるべきか。

 

一 群飲佚遊(いつゆう)を制せらるべき事
 格条のごとくば、厳制ことに重し。あまつさえ好女の色に耽(ふけ)り、博奕(はくえき)の業に及ぶ。このほかまた、或は茶寄合(ちゃよりあい)と号し、或は連歌会(れんがえ)と称して、莫大の賭に及ぶ。その費(ついえ)勝計し難きものか。

 

一 狼籍を鎮めらるべき事
 昼打入り、夜強盗、処々の屠殺、辻々の引剥(ひつはぎ)、叫喚さらに断絶なし。もっとも警固の御沙汰あるべきか。

 

一 私宅の点定(てんじょう)を止めらるべき事
 ?弱(おうじゃく)の微力を励まして、構へ造るの私宅、たちまち点定せられ、また壊ち取らるるの間、身を隠すに所なし。即ち浮浪せしめ、ついに活計を失う。もっとも不便の次第なり。

 

一 京中の空地、本主に返さるべき事
 当時のごとくば、京中の過半は空地たり。早く本主に返され、造作を許さるべきか。巷説(こうせつ)のごとくば、今度山上の臨幸扈従(こじゅう)の人、上下を論ぜず、虚実をいわず、大略没収せらると云々。律条のごとくば、諜反逆叛の人、協同と駈率(くそつ)と罪名同じからざるか。もっとも尋ね究められ、差異あるべきか。およそ承久没収の地、その数あらんか。今またことごとく召し放たれば、公家被官の仁、いよいよ牢籠(ろうろう)すべきか。

 

一 無尽銭(むじんせん)・土倉(どそう)を興行せらるべき事
 或は莫大の課役を充て召され、或は打入りを制せられざるの聞、己に断絶せしむるか。貴賎の急用たちまち閥如(けつじょ)せしめ、貧乏の活計いよいよ治術を失う。?(いそ)ぎ興行の儀あらば、諸人安堵の基たるべきか。

 

一 諸国の守護人、ことに政務の器用を択ばるべき事
 当時のごとくば、軍忠に募りて、守護職に補せらるるか。恩賞を行わるべくば、庄園を充て給うべきか。守護職は上古の吏務なり。国中の治否ただこの職による。もっとも器用を補せられば、撫民(ぶみん)の儀に叶うべきか。

 

一 権貴並びに女姓・禅律僧の口入を止めらるべき事

 

一 公人の緩怠を誡めらるべし。並びに精撰あるべき事
 この両条代々の制法たり。さらに新厳にあらず。

 

一 固く賄貨を止めらるべき事
 この条また今に始まらずといえども、ことに厳密の御沙汰あるべし。仮令百文の分際たりといえども、賄賂をなさば、永くその人を召し仕わるべからず。過分たらは、生涯を失わるべきか。

 

一 殿中内外に付き諸方の進物を返さるべき事
 上の好む所、下必ずこれに随う。もっとも精廉の化を行わるべし。次に唐物已下の珍奇、ことに賞翫の儀あるべからざるものなり。

 

一 近習の者を選ばるべき事
 その君を知らずばその臣を見よ、その人を知らずばその友を見よと云々。しからば君の善悪は、必ず臣下により、即ち顕(あら)わるるものなり。もっともその器用を択ばるべきか。また党類を結び、互に毀誉を成す。闘乱の基、何事かこれにしかん。漢家本朝この儀多し。或は衣裳、或は能芸已下、好翫をもって体となし、おのおの心底ことごとく相叶うものか。違犯の輩に於ては、近辺に召し仕はるべからず。もっとも遠慮あるべきか。

 

一 礼節を専らにすべき事
 国を理むるの要、礼を好むに過ぐるなし。君に君礼あるべし、臣に臣礼あるペし。およそ上下おのおの分際を守り、言行必ず礼儀を専らにすべきか。

 

一 廉義(れんぎ)の名誉あらば、ことに優賞(ゆうじょう)せらるべき事
 これ善人を進め悪人を退くるの道なり。もっとも褒貶(ほうへん)の御沙汰あるべきか。

 

一 貧弱の輩の訴訟を聞し食さるべき事
 堯舜の政、これをもって最となす。尚書のごとくば、凡人の軽んずる所、聖人の重んずる所と云々、ことに御意に懸けらるべきなり。御憐憫はすべからく貧家の輩に在るべし。彼等の愁訴を聞し食し入れらるる事、御沙汰の専一たるか。

 

一 寺社の訴訟、事によって用捨あるべき事
 或は威猛を振い、或は興隆と号し、または奇瑞(きずい)を輝かし、または御祈と称す。かくのごときの類、もっとも御沙汰を尽くさるべきなり。

 

一 御沙汰の式日・時刻を定めらるべき事
 諸人の愁、緩怠に週ぐるはなし。また事を早速に寄せ、淵底を究めずば然るべからず。彼といい此といい、所詮人愁なきの様、御沙汰あるべきなり。

 

 以前十七箇条、大概かくのごとし。是円(ぜえん)季曹(りそう)の余胤(よいん)を受くるといえども、すでに草野の庸愚たり。悉(かたじけな)くも政道治否の諮詢を蒙り、和漢古今の訓謨(くんぽ)を撫(ひろ)う所なり。方今諸国の干戈(かんか)いまだ止まらず。もっとも跼蹐(きょくせき)あるべきか。古人曰く、安きに居てなお危うきを思うと。今危うきに居てなんぞ危うきを思わざるや。恐るべきはこの時なり。慎むべきは近さ日なり。遠くは延喜・天暦両聖の徳化を訪い、近くは義時・泰時父子の行状をもって、近代の師となす。ことに万人帰仰(きぎょう)の政道を施されば、四海安全の基たるべきか。よって言上件のごとし。

 

建武三年十一月七日
                  真恵
                  是円
   人衆
前民前脚  是円
真恵     玄恵法印
太宰少弐   明石民部大夫
太田七郎左衛門尉   布施彦三郎入道

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る