祓詞

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

祓詞

口語訳

掛(か)けまくも畏(か)しこき
伊邪那岐の大神(おおかみ)
筑紫(つくし)の日向(ひむか)の橘の小戸(おど)の阿波岐原(あわぎはら)に
禊(みそぎ)祓(はらえ)給まいし時に
生(な)り坐ませる祓戸(ど)の大神たち
諸々の禍事(まがこと)罪・穢(けがれ)あらむをば
祓給い清め給まえと 白(ま)をすことを聞きこし召めせと
恐(かしこみ)恐(かしこみ)も白まをす

 

現代語訳

口に出してご尊名を申し上げるのも恐れ多い、
伊邪那岐の大神が、
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原で、
禊祓いをなされた時に、
お生まれになった祓戸の大神達よ、
様々な災難・罪・穢れが
ございましたら、
祓いお清めください
と申しますことをお聞き届けくださいませと、
畏れ多くも申し上げます

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る