大正時代

大正時代

 

十四か条の平和原則

十四か条の平和原則です。

 

この記事を読む

 

ソ連の誕生

 

第三インターナショナルの基盤に立つすべての人々へ(無電)

第三インターナショナルの基盤に立つすべての人々へ(無電)です。

 

この記事を読む

共産主義インターナショナル第一回大会のために

共産主義インターナショナル第一回大会のためにです。

 

この記事を読む

共産主義インターナショナルへの加入条件

共産主義インターナショナルへの加入条件です。

 

この記事を読む

共産主義インターナショナル規約

共産主義インターナショナル規約です。

 

この記事を読む

共産党と議会主義についてのテーゼ

共産党と議会主義についてのテーゼです。

 

この記事を読む

民族・植民地問題についてのテーゼ

民族・植民地問題についてのテーゼです。

 

この記事を読む

 

大正時代記事一覧

ウッドロー・ウィルソン
十四か条の平和原則

アメリカ第28代大統領ウッドロー・ウィルソンが1918年1月8日のアメリカ連邦議会にて演説の中で発表した十四か条の平和原則です。第一条 秘密外交の廃止 「開かれた形で到達した開かれた平和の盟約。その締結後は、いかなる種類の秘密の国際的合意もあってはならず、外交は常に率直に国民の目の届くところで進められるものとする。」 第一次世界大戦中に結ばれていた密約の廃止、この秘密外交によって日本やイタリアが戦...

Read More
ソビエト社会主義共和国連邦国旗
第三インターナショナルの基盤に立つすべての人々へ(無電)

千九百十八年十二月二十四日第三インターナショナルの基盤に立つすべての人々へ(無電) 一月六日ロザンヌに国際社会主義者会議を招集するという、アーサー・へンダーソンを通じてプランティングに伝達されたイギリス労働党の提案は、第二インターナショナルを復活させる試みですらない。第二インターナショナルは、ほとんどすべての社会主義党の多数派の代表者達が各自の国の帝国主義政府の味方となった一九一四年八月初め、事実...

Read More
ソビエト社会主義共和国連邦国旗
共産主義インターナショナル第一回大会のために

千九百十九年一月 親愛な同志諸君! 以下に署名した諸党と諸組織は、新しい革命的インターナショナルの第一回大会を招集することが差し迫って必要だと考える。戦争と革命の間に、古い社会主義諸党や社会民主主義諸党、それとともにまた第二インターナショナルの完全な破産が、決定的に明らかになっただけではない。古い社会民主党の中間分子(いわゆる「中央派」)が積極的な革命的行動の能力を欠くことが、決定的に明らかになっ...

Read More
ソビエト社会主義共和国連邦国旗
共産主義インターナショナルへの加入条件

千九百二十年八月六日 共産主義インターナショナルの第一回創立大会は、第三インターナショナルへの個々の党の加入を承認するための厳密な条件を作成しなかった。第一回大会が招集きれたときには、大多数の国々には、共産主義的な傾向やグループしか存在していなかった。 共産主義インターナショナルの第二回世界大会は、それとは異なった状況の下で開かれている。今では、大多数の国々に、もはや共産主義的な潮流や傾向だけでは...

Read More
ソビエト社会主義共和国連邦国旗
共産主義インターナショナル規約

千九百二十年八月四日 一八六四年、ロンドンに第一次の国際労働者協会―第一インターナショナルが創立された。この国際労働者協会の規約は次のように述べていた。 「労働者階級の解放は、労働者階級自身の手で戦いととられなければならないこと、労働者階級解放のための闘争は、階級特権と独占のための闘争ではなく、平等の権利と義務のため、またあらゆる階級支配の廃止のための闘争を意味すること、労働手段即ち生活源泉の独占...

Read More
ソビエト社会主義共和国連邦国旗
共産党と議会主義についてのテーゼ

千九百二十年八月二日T 新しい時代と新しい議会主義 議会主義に対する社会主義諸党の態度は、そもそものはじめから、すでに第一インターナショナルの時代から、ブルジョア議会を扇動の目的に利用するにあった。議会への参加は、階級的自覚を発展させるという観点から、即ち、支配階級に対するプロレタリアートの階級的敵意を目覚めさせるという観点から、考察されていた。この態度は、理論の影響によってではなく、政治的発展の...

Read More
ソビエト社会主義共和国連邦国旗
民族・植民地問題についてのテーゼ

千九百二十年七月二十八日(一) ブルジョア民主主義は、その本性そのものからして、民族の平等をも含めて平等一般の問題を、抽象的あるいは形式的に提起することが、固有の特徴である。一般に人間の人格の平等という外見の下で、ブルジョア民主主義は、有産者とプロレタリア、搾取者と被搾取者との形式的あるいは法律的な平等を宣言し、こうして被抑圧階級をこの上なく酷く欺いている。平等の観念そのものは、商品生産関係の反映...

Read More
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る