古代に制定された十七条憲法、これは現在と同じ憲法なのかそれとも違うのか

 

聖徳太子

推古天皇12(604)年に聖徳太子が作成した十七条憲法という法文書があります。

 

これは、現在の憲法と同じ憲法なのか、それとも違うのか。

 

ここでは、十七条憲法についてご紹介していきます。

 

 

 

 

十七条憲法とは

成立背景

十七条憲法とは、推古天皇12(604)年に聖徳太子が作成し、推古天皇が承認した十七条からなる法文書です。

 

十七条憲法にある憲法の意味

十七条憲法には、「憲法」という名がついていますが、現在のような近代憲法ではありません

 

では「憲法」という名にどのような意味があるのかといえば、「憲」はノリといい、ノリは「宣」ともいいます。
これは天皇が公に発する意思表明を意味し、それを「命(みこと)を宣(の)る」、文書化によって「詔(みことのり)」となります。

 

つまり「詔」は民の従うべき掟という意味で、それが「法」です。

 

十七条憲法は5種類あるという説

偽書として扱われている『先代旧事本紀大成経』というものがあります。

 

これによると、十七条憲法は、官吏に向けて作られた「通蒙憲法」というものにあたります。
その他に、政治家、神主、僧侶、儒学者のそれぞれに対しての十七条の条文があり、全部で八十五条になります。

 

これは、演歌歌手だった三波春夫さんが研究しており、その著書が『聖徳太子憲法は生きている』(小学館文庫、一九九八)です。

 

 

各条文について

条文の抜粋

各条文を抜粋すると次のようになります。

 

第一条 和を以て貴しと為す。
第二条 篤く三宝(仏法僧)を敬いなさい。
第三条 詔を承けては必ず謹みなさい。
第四条 群卿百寮(ぐんけいひゃくりょう)とは、政府高官や官吏のことを指し、礼を基本としなさい。
第五条 むさぼることなく欲を棄てなさい。
第六条 悪を懲らしめて善を勧めなさい。
第七条 人には各々任が有ります。
第八条 群卿百寮は、早く朝(まい)りて晏(おそ)く退きなさい。
第九条 信は、義の基本です。すべてに信があるようにしなさい。
第十条 心の怒りを絶ち、表の怒りを棄てなさい。人との違いを怒ることのないようにしなさい。
第十一条 功過(こうか)を明らかに察して、賞罰を必ず当てるようにしなさい。
第十二条 国司(こくし)国造(こくぞう)、百姓(ひゃくせい)に斂(おさ)めとることのないようにしなさい。
第十三条 諸々の官に任ずる者は、同じく職掌を知りなさい。
第十四条 官吏達は、嫉妬することのないようにしなさい。
第十五条 私に背き、公に向う、これが臣の道です。
第十六条 民を使うに時を以てするは、古の良き典(のり)です。
第十七条 事は独断に行うことをしてはなりません。必ず多くの人とともに話し合いをしなさい。

 

 

和の精神

条文の意味

十七条憲法第1条と第17条は、「和の精神」を表しています。

 

第1条は、上の者も下の者も親睦の気持ちを持って論議することで、道理が叶い成就する
それが和を以て貴しとなすということであり、それが和の精神です。

 

口語訳
 第一条 一に曰わく、和を以って貴(とうと)しとなし、忤(さから)うこと無きを宗とせよ。人みな党あり、また達(さと)れるもの少なし。ここをもって、あるいは君父(くんぷ)に順(したが)わず、また隣里(りんり)に違(たが)う。しかれども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて、事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。

 

現代語訳
 第一条 一にいう。和をなによりも大切なものとし、いさかいをおこさぬことを根本としなさい。人はグループをつくりたがり、悟りきった人格者は少ない。それだから、君主や父親のいうことにしたがわなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。しかし上の者も下の者も協調・親睦の気持ちをもって論議するなら、おのずからものごとの道理にかない、どんなことも成就するものだ。

 

第17条は、物事は1人で判断してはいけないこと、必ず多くの人達と論議することとあります。
とくに重大な事柄については、判断に誤りがある事を疑うこと、多くの人達と検討すれば道理に適う結論が得られるようになります。

 

口語訳
 第十七条 十七に曰わく、それ事は独り断(さだ)むべからず。必ず衆とともによろしく論(あげつら)うべし。少事はこれ軽(かろ)し。必ずしも衆とすべからず。ただ大事を論うに逮(およ)びては、もしは失(あやまち)あらんことを疑う。故に、衆とともに相弁(あいわきま)うるときは、辞(ことば)すなわち理を得ん。

 

現代語訳
 第十七条 十七にいう。ものごとはひとりで判断してはいけない。かならずみんなで論議して判断しなさい。ささいなことは、かならずしもみんなで論議しなくてもよい。ただ重大な事柄を論議するときは、判断をあやまることもあるかもしれない。そのときみんなで検討すれば、道理にかなう結論がえられよう。

 

「和の精神」とは、多くの人達と議論することを推奨しています。
この十七条憲法が出来る以前から、各氏族を代表する氏の上が集まった大夫(まえつぎみ)による合議政治によって、皇位継承を始めとして重大な事項を決定してきました。
これは、後の太政官制の前身でもあります。

 

この条文が示す原則としては、天皇といえども国家の大事を独断してはならないという意味です。

 

つまり、日本は近代の民主政治とまではいきませんが、民主政治の概念は、少なくともこの時代から存在していたことになります。

 

倭国と和国の違い

古代の日本は、中国の歴史書を見ると「倭国」と表現されています。

 

中華の華夷秩序であれば、中華皇帝を中心に、
東は、東夷(とうい)、西は、西戎(せいじゅう)、南は、南蛮(なんばん)、北は、北狄(ほくてき)としています。

 

つまり野蛮人という意味です。

 

そのことから「倭」という表現は蔑称という説があります。

 

そのため国内としては、「倭国」ではなく、「和国」に変えました。
古事記や日本書紀に「言趣(ことむけ)け和(やわ)す」という言葉が出てきます。

 

これは、和の精神を表す言葉で、「言葉で説いて人の心を和らげる」ことです。

 

実際には、神武東征などにも出てくる「まつろわぬもの」達に対して、武力をもって服従させ、帰順させています。
しかし、それは、ヨーロッパ的な搾取するという意味とはまた異なっているのが特徴です。

 

 

国に二君なし

条文の意味

十七条憲法第12条は、「国に二君なし」と定められています。

 

国内的には、十七条憲法が制定されたときが、蘇我氏の専横が行われています。
つまり、原点に立ち返ることをこの条文に盛り込んだといえます。

 

日本の統治者は、天皇です。
それを蘇我氏がさも君主であるかのように振る舞います。

 

口語訳
 第十二条 十二に曰わく、国司(こくし)国造(こくぞう)、百姓(ひゃくせい)に斂(おさ)めとることなかれ。国に二君なく、民に両主なし。率土(そつど)の兆民(ちょうみん)は、王をもって主となす。任ずる所の官司(かんじ)はみなこれ王の臣なり。何ぞ公とともに百姓に賦斂(ふれん)せんや。

 

現代語訳
 第十二条 十二にいう。国司・国造は勝手に人民から税をとってはならない。国に二人の君主はなく、人民にとって二人の主人などいない。国内のすべての人民にとって、王(天皇)だけが主人である。役所の官吏は任命されて政務にあたっているのであって、みな王の臣下である。どうして公的な徴税といっしょに、人民から私的な徴税をしてよいものか。

 

天皇のための官吏であり、官吏が私的に徴税するのは他の主人がいて行っていることという意味です。
イギリスには、「陛下の文官」という言葉があり、すべては王や女王の奉仕者ということになります。

 

そして、これは近代でいうところの「対内としての国家主権」と「国家の統治権の範囲」も表しているといえます。

 

 

国家において、他国などから強制を受けないこと。(対外としての国家主権)
国内において、すべての所属者に強制する力。(対内としての国家主権)
国家の統治権が及ぶ範囲。(統治権)
国政の最終決定する力。(国民主権あるいは君主主権)
政治体制としては、前段にあります和の精神に基づくもの、つまり、国家の大事な時にはよく話し合って決めることになります。国に二君なしとは、対外的にも同様であり、それを表すのが、以下の国書になります。

 

対外的には、和国と隋の関係も意味するものとなります。

 

つまり推古15(607)年に第2回遣隋使において小野妹子が、国書を持って派遣されます。
その隋の皇帝煬帝に宛てた国書が次の内容です。

 

 日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す、恙無しや

 

この国書を受け取った煬帝は、読み出した途端に怒りました。
それは、中華の華夷秩序にとって天子は、中華皇帝1人しかいません。
つまり隋の皇帝煬帝です。

 

それにもかかわらず東夷の蛮族である倭国が「天子」と名乗るのはふざけていると捉えられてしまいました。

 

ここに、その国書をもって、和国と隋が対等であることを宣言したようなものです。
つまり「国に二君なし」を国内だけではなく国外で体現したことになります。

 

そして、これは近代でいうところの「対外としての国家主権」も表しているといえます。

 

この十七条憲法第12条は、見方によって近代の主権国家を現したものにもなりました。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

十七条憲法の全体と一部の内容についてご紹介しました。

 

十七条憲法の内容を細かく見ていくことで、日本の国柄が表れており、見方によっては近代的な内容もそこには含まれています。

 

参考にしてみて下さい。


 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

昭和12年学会
ページの先頭へ戻る