朝廷の最高法である律令と運用のための格式の制定、これらの規定と近代憲法の関係とは

 

嵯峨天皇

大化の改新という政治改革を経て、唐の法制度が継受されます。

 

これを律令といい、朝廷の最高法となります。
そして律令の運用規定として格式も定められます。

 

ここでは、律令と格式についてご紹介していきます。

 

 

 

 

律令法とは

成立背景

律令法の成立背景としては、中大兄皇子と中臣鎌足による乙巳の変が起こり、その後、大化の改新という政治改革が行われます。

 

蘇我氏を始めとした氏族合議による政治ではなく天皇を中心とした政治体制に移行します。
そして法制度を整備するにあたって、唐の法制度である律令法を継受しました。

 

律令法制定の変遷

律令法の大まかな変遷は以下のようになります。

 

近江令
天智天皇が即位した天智元(668)年に全22巻の近江令が制定され、これが最初の律令法典になります。
しかし存在を裏付ける史料が少ない所から存在していないという説もあります。
これは「令」であり「律」はこの時期には確立していませんでした。

 

浄御原律令
天武天皇の御代において、編纂の詔が下って編纂委員の任命があり、制定されることになります。
令は22巻、律は巻数未詳の浄御原律令が持統天皇3(689)年6月に施行されました。
これも散逸しており、内容はわからなくなっています。

 

大宝律令
大宝律令は、大宝元(701)年8月に制定されました。
令は11巻、律は6巻となっています。
これも散逸してはいますが、令集解で確認することが出来ます。

 

養老律令
大宝律令制定後、養老2(718)年に法典の編纂が行われ養老律令が制定されました。
その後、孝謙天皇の天平勝実9(757)年に令は10巻30編、律は10巻12編の養老律令が施行されます。
養老律令は、形式的には明治維新の頃まで続くことになります。

 

律令法の意味

律令法は、「律」と「令」から成り立っています。

 

律とは、刑法的な内容で、令とは、皇室法と行政法と民法的な内容となっています。

 

律令によって成文法化されることになりましたが、氏族政治の時代から引き続き慣習法を主体とした時代となっています。

 

皇位に関することの一部は成文法化されてはいますが、大半は不文法です。

 

 

律令制について

律令制

律令制度は、唐の律令制の模倣となります。
しかし単に模倣しているわけではありません。

 

規模にしても役職にしても日本的なものとなっています。

 

大宝律令によって、二官・八省・一台・五衛府が設置されました。

 

二官は、神祇官、太政官
八省は、中務省、式部省、治部省、民部省、兵部省、刑部省、大蔵省、宮内省
一台は、弾正台
五衛府は、左兵衛府、右兵衛府、左衛士府、右衛士府、衛門府

 

諸官司の構成は原則として、長官(かみ)、次官(すけ)、判官(じょう)、主典(さかん)の四等官が置かれました。

 

日本独自の制度

日本独自の制度として、朝廷の祭祀を司る神祇官が置かれました。

 

太政官よりも上位であり、独立した一官となっています。
祭(まつ)りを司る神祇官政(まつり)を司る太政官、その下に八省が置かれています。

 

この「祭」と「政」を分けるのは、綏靖天皇の時代からありました。

 

 吾は仇(あた)を殺すこと能わず。汝命(いましみこと)既に仇を得殺しらまいき。故、吾は兄なれども上(かみ、天皇)となるべからず。ここをもちて汝命上となりて、天の下治らしめせ。僕は汝命を扶(たす)けて、忌人(いわいびと 神祇を行う人)となりて仕えて奉らむ。

 

そして明治になると大日本帝国憲法と皇室典範を対等のものとして、それぞれ干渉しないこととしました。
これを典憲体制といいます。

 

その制度の基礎を定めたのはこの時代です。

 

しかし神祇官と太政官の実際の運用は対等ではなかった事実があります。

 

上の役所が下の役所に出す「符(ふ)」という文書があります。
現在でいう所の通達と似たものです。

 

対等でなかった事実として、太政官が神祇官に「符」を出している文書があります。
もし対等関係にあるのであれば、「移(い)」という文書を出します。

 

また神祇官が下の役所が上の役所に出す「解(げ)」という文書を太政官に出している例が、朝野群載(ちょうやぐんさい)にあります。

 

神祇官は政治上の権限があるわけではないため、実際の運用において差がありました。
これは政治理念として対等にしたものと窺い知ることが出来ます。

 

氏族から八色の姓

大化の改新以前の政治は、臣姓や連姓を持つものが行っていました。

 

律令制時代に入っても氏姓中心社会であったため、それを無視して政治を行うことは出来ません。
そのため八色の姓(やくさのかばね)を天武13(684)年に制定しました。

 

八色の姓は、「眞人(まひと)、朝臣(あそみ・あそん)、宿禰(すくね)、忌寸(いみき)、道師(みちのし)、臣(おみ)、連(むらじ)、稲置(いなぎ)」の八つの姓の制度です。

 

氏族時代の中心的立場だった臣、連が下位に置かれ、眞人は従来の公姓、朝臣は、臣姓、宿禰は連姓、忌寸は帰化人、道師は技術家となります。

 

朝臣は、源氏や平氏さらに豊臣氏なども持つようになりました。

 

公式令(くしきりょう)という文書規定

令において定められたもので、公式令(くしきりょう)という文書様式があります。

 

公式令では、天皇が出す「」や「」などの定義や形式を定めています。
これには、21の様式があります。

 

21の様式として、太政官から天皇への上奏や行政官庁内の様式などがあり、そして天皇の意思発現の様式として詔書と勅旨があります。
詔書と勅旨は、ともに天皇の勅命を下達する文書です。

 

令義解には、「詔書勅旨同じく是れ綸言なり、但し臨時の大事を詔と為し、尋常の小事を勅と為す也」と説明されています。

 

また詔は、臨時の大事に際して発せられる様式ですが、事柄の性質によって5種類に分けられていて、それぞれ初めの書き出し文が異なります。
1 大事を外国の使臣に宣する場合
2 次事を外国の使臣に宣する場合
3 朝廷の大事を宣する場合(例)立后、立太子等
4 中事を宣する場合(例)左右大臣以上の任命
5 小事を宣する場合(例)五位以上を授ける

 

公式令によって詔書と勅旨の様式が定められましたが、手続きの煩雑さから、「綸旨」という様式での文書に簡略化されていきます。
蔵人所という令外官が発給する形で、勅命を行っています。

 

天皇、天子、皇帝の使い分け

大宝令の儀制令の第1条に、「天皇。詔書所称」と明文化しています。

 

これは、詔書の時は天皇と称するという内容です。

 

他には、祭祀の際は天子と称し、外交等に関しては、皇帝と称することも定められています。

 

外交等で使用する皇帝という名称は、明治時代に入って日清戦争や日露戦争の宣戦の詔書にも使用されています。

 

また陛下の呼称についても、天皇に文書を奉る際に称するなど、同様に定められました。

 

 

格式とは

格式の意味

格(きゃく)と式(しき)は、律令を運用するための内容で律令の改正規定や追加したものとなります。

 

律令自体は、根本となる法典として置かれているため改正がありませんでした。

 

そのため「」を出して改正や追加をしています。
また「」は、律令を運用するための施行細則です。

 

つまり、律令の補充法としての位置づけが格式でした。

 

格式制定の変遷

格式の大まかな変遷は以下のようになります。

 

弘仁(こうにん)格式
弘仁格式は弘仁10(819)年に嵯峨天皇が、大納言藤原冬嗣らに勅し、大宝元(701)年から弘仁10(819)年に至る間の格式を編纂したものです。
構成は、格10巻、式40巻ですが、散逸しています。

 

貞観(じょうがん)格式
貞観格式は、貞観10(869)年に清和天皇が、大納言藤原氏宗らに勅し、弘仁11(820)年から貞観10(868)年に至る間の格式を編纂したものです。
構成は、格12巻、式20巻ですが、散逸しています。

 

延喜(えんぎ)格式
延喜格式は、延喜5(905)年に醍醐天皇が、左大臣藤原時平らに勅し、編纂をしています。
延喜格は、貞観11(869)年から延喜7(907)年に至る間の格等の編纂、延喜式は、延喜5(905)年から延長5(927)年に至る間の式等を編纂したものです。

 

延喜格の施行が、延喜7(908)年で12巻、延喜式の施行が康保4(967)年で50巻からなり、多少の遺漏を除いてほとんどの原形が伝えられています。

 

格式の内容

令外官という、令に規定されていない役職を差し、その設置根拠は、式によって定められています。

 

嵯峨天皇の時代に置かれた検非違使式や蔵人式。
そして鎌倉以降になると意味が変わってくる征夷大将軍という役職。
これらすべて令外官です。

 

また3つの格を項目別に分類編纂したものを類聚三代格(るいじゅうさんだいきゃく)といいます。

 

律令格式は成文法ですが、形式主義的であるため運用していくために慣習法も発達しました。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

律令制において、神祇官と太政官を分けることで「祭」と「政」を分けることを成文化することになりました。

 

天皇、皇帝、天子という名称の定義も、ここで定められることになります。

 

とはいえ現在のような成文法主義ではなく、あくまで慣習法として運用するのが主となっているのが特徴です。

 

この律令格式は、王政復古の大号令によって廃止されましたが、その後の明治においていくつかの内容は活かされています。


 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

昭和12年学会
ページの先頭へ戻る