皇室典範の法体系

 

皇室典範

皇室典範は、皇室典範を頂点としてその下位法として成文化された皇室法があります。
そして戦後になって皇室典範が日本国憲法の下位法になりますが、戦後になって改廃されたものやそうでないものも存在しています。

 

ここでは、皇室典範やその下位法である皇室法の法体系をご紹介します。

 

 

 

皇室典範

大日本帝国時代

皇室典範(明治時代)
皇室典範増補(明治時代)
皇室典範増補(大正時代)
皇室典範及皇室典範増補廃止

 

日本国時代

皇室典範(昭和時代)

 

伊藤博文が書いた皇室典範の解釈書、皇室典範義解を読んでみよう

伊藤博文が書いた皇室典範義解を口語訳で紹介しています。

 

この記事を読む

 

 

皇室典範附属法

皇族会議令
皇室祭祀令
登極令
摂政令
皇統譜令(大正時代)
皇室儀制令
皇統譜令(昭和時代)
皇族の身分を離れた者及び皇族となつた者の戸籍に関する法律
皇室会議議員及び予備議員互選規則
皇室令及び附属法令廃止に伴い、事務取扱に関する通牒
天皇の退位等に関する皇室典範特例法
天皇の退位等に関する皇室典範特例法施行令

 

 

天皇の詔書

終戦の詔書
年頭、国運振興の詔書

 

 

天皇の勅語

食糧問題に関する御言葉
東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば
象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば

 

 

天皇及び皇族の記者会見

平成時代における天皇及び皇族の記者会見

 

 

皇室制度の改正案と改正に関わる文書

新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)(三笠宮崇仁親王)
皇位継承の安定への提言(日本の尊厳と国益を護る会)


 

皇室典範の法体系記事一覧

皇室典範
皇室典範(明治時代)

上諭天佑を享有したる我か日本帝国の宝祚は万世一系歴代継承し以て朕か躬に至る惟ふに祖宗肇国の初大憲一たひ定まり昭なること日星の如し今の時に当り宜く遺訓を明徴にし皇家の成典を制立し以て丕基を永遠に鞏固にすへし茲に枢密顧問の諮詢を経皇室典範を裁定し朕か後嗣及子孫をして遵守する所あらしむ御名御璽明治二十二年二月十一日皇室典範(明治典範)明治二十二年二月十一日第一章 皇位継承第一条 大日本国皇位は祖宗の皇統...

Read More
皇室典範
皇室典範増補(明治時代)

明治四十年二月十一日第一条 王は勅旨又は情願に依り家名を賜ひ華族に列せしむることあるへし第二条 王は勅許に依り華族の家督相続人となり又は家督相続の目的を以て華族の養子となることを得第三条 前二条に依り臣籍に入りたる者の妻直系卑属及其の妻は其の家に入る但し他の皇族に嫁したる女子及其の直系卑属は此の限に在らす第四条 特権を剥奪せられたる皇族は勅旨に由り臣籍に降すことあるへし2 前項に依り臣籍に降された...

Read More
皇室典範
皇室典範(昭和時代)

昭和二十二年一月十六日法律第三号最終改正:昭和二十四年五月三十一日法律第百三十四号第一章 皇位継承第一条 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。第二条 皇位は、左の順序により、皇族に、これを伝える。 一 皇長子 二 皇長孫 三 その他の皇長子の子孫 四 皇次子及びその子孫 五 その他の皇子孫 六 皇兄弟及びその子孫 七 皇伯叔父及びその子孫2 前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以...

Read More
皇室典範義解表紙
伊藤博文が書いた皇室典範の解釈書、皇室典範義解を読んでみよう

伊藤博文を中心に大日本帝国憲法が策定されていますが、それと同時に皇室の家法として皇室典範も策定されています。いわゆる旧皇室典範になりますが、大日本帝国憲法と同様に、明治22(1889)年2月11日に明治天皇より、公布されることになりました。この皇室典範は、帝国憲法の解釈書である憲法義解と同様に皇室典範義解が作られています。皇室典範義解は、天皇や皇室の歴史を俯瞰して記載されていますので、皇室典範を知...

Read More
皇室典範
皇族会議令

明治四十年二月二十八日皇室令第一号第一条 皇族会議は勅命を以て之を召集す第二条 皇族会議は皇室典範第十九条第二項の場合に於ては摂政たるへき順位に在る成年皇族男子之を召集す第三条 皇族会議は皇室典範第二十五条の場合に於ては次に摂政たるへき順位に在る成年皇族男子之を召集す第四条 前二条の場合に於て皇族会議の召集は成年皇族男子三分の一以上又は枢密顧問の請求に依り之を行ふ第五条 皇族会議は皇室典範第九条第...

Read More
皇室典範
皇室祭祀令

明治四十一年九月十九日皇室令第一号改正昭和二年皇室令第十二号第一章 総則第一条 皇室の祭祀は他の皇室令に別段の定ある場合を除くの外本令の定むる所に依る第二条 祭祀は大祭及小祭とす第三条 祭祀は附式の定むる所に依り之を行ふ第四条 天皇喪に在る間は祭祀に御神楽及東游を行はす第五条 喪に在る者は祭祀に奉仕し又は参列することを得す但し特に除服せられたるときは此の限に在らす第六条 祭祀に奉仕する者は大祭には...

Read More
皇室典範
登極令

明治四十二年二月十一日皇室令第一号第一条 天皇践祚の時は即ち掌典長をして賢所に祭典を行はしめ且践祚の旨を皇霊殿神殿に奉告せしむ第二条 天皇践祚の後は直に元号を改む2 元号は枢密顧問に諮詢したる後之を勅定す第三条 元号は詔書を以て之を公布す第四条 即位の礼及大嘗祭は秋冬の間に於て之を行ふ2 大嘗祭は即位の礼を訖りたる後続て之を行ふ第五条 即位の礼及大嘗祭を行ふときは其の事務を掌理せしむる為宮中に大礼...

Read More
皇室典範
摂政令

明治四十二年二月十一日皇室令第二号第一条 摂政就任する時は附式の定むる所に依り賢所に祭典を行ひ且就任の旨を皇霊殿神殿に奉告す第二条 摂政を置きたるとき又は摂政の更迭ありたるときは詔書を以て之を公布す第三条 摂政を置く間御名を要する公文は摂政御名を書し且其の名を署するの外天皇大政を親らするときと形式を異にすることなし第四条 摂政は其の任に在る間刑事の訴追を受くることなし第五条 摂政止みて天皇大政を親...

Read More
皇室典範
皇統譜令(大正時代)

大正十五年十月二十一日皇室令第六号第一章 総則第一条 皇統譜は大統譜及皇族譜とす第二条 皇統譜は副本を備ふへし2 副本は内大臣府に於て保管す第三条 皇統譜及副本には簿冊毎に表紙の裏面に御璽をツし宮内大臣枚数及調製の年月日を記入し図書頭と倶に之に署名すへし2 皇統譜及副本には宮内大臣及図書頭其の綴糸に封印すへし第四条 皇統譜の登録は移記の場合及判決に基く場合を除くの外公布又は公告に依り之を行ひ公布公...

Read More
皇室典範
皇室儀制令

大正十五年十月二十一日皇室令第七号第一章 朝儀第一条 朝儀は他の皇室令に別段の定あるものを除くの外本令の定むる所に依る第二条 新年祝賀の式は一月一日及二日宮中に於て之を行ふ第三条 政始の式は一月四日宮中に於て之を行ふ第四条 新年宴会は一月五日紀元節の式は二月十一日天長節の式は天皇の誕生日に相当する日宮中に於て之を行ふ2 別に天長節祝日を定めたるときは天長節の式は其の日之を行ふ第五条 講書始の式及歌...

Read More
皇室典範
皇統譜令(昭和時代)

昭和二十二年五月三日政令第一号最終改正:昭和二十七年七月三十一日政令第三百五号第一条 この政令に定めるものの外、皇統譜に関しては、当分の間、なお従前の例による。第二条 皇統譜の副本は、法務省でこれを保管する。第三条 左の各号に掲げる事項については、宮内庁長官が、法務大臣と協議して、これを行う。 一 公布又は公告がない事項の登録 二 皇統譜の登録又は附記に錯誤を発見した場合の訂正第四条 皇室典範第三...

Read More
皇室典範
皇族の身分を離れた者及び皇族となつた者の戸籍に関する法律

昭和二十二年九月二十六日法律第百十一号最終改正:昭和二十四年五月十九日法律第七十三号第一条 皇室典範第十一条の規定により皇族の身分を離れた者については、新戸籍を編製する。2 皇室典範第十三条の規定により前項の者と同時に皇族の身分を離れた者は、同項の者の戸籍に入る。3 皇室典範第十三条の規定により第一項の者と同時に皇族の身分を離れた者に、同条の規定により同時に皇族の身分を離れた配偶者又は子があるとき...

Read More
皇室典範
皇室会議議員及び予備議員互選規則

昭和二十二年八月二十三日政令第百六十四号最終改正:昭和二十四年五月三十一日政令第百二十七号第一条 皇室会議の議員及び予備議員中互選による者の互選、予備議員の職務を行う順序並びに議員又は予備議員に欠員を生じたときの補欠者の任期は、この政令の定めるところによる。第二条 皇族たる皇室会議の議員(以下皇族議員という。)及びその予備議員の互選に関する事項は、内閣総理大臣が、これを管理する。第三条 宮内庁長官...

Read More
皇室典範
皇室令及び附属法令廃止に伴い、事務取扱に関する通牒

宮内府長官官房文書課発第四五号昭和二十二年五月三日宮内府長官官房文書課長 高尾 亮一各部局長官殿依命通牒皇室令及び附属法令は、五月二日限り、廃止せられることになつたについては、事務は、概ね、左記により、取り扱うことになつたから、命によつて通牒する。記一、新法令ができているものは、当然それぞれ、その条規によること。(例、皇室典範、宮内府法、宮内府法施行令、皇室経済法、皇室経済法の施行に関する法律、皇...

Read More
皇室典範
天皇の退位等に関する皇室典範特例法

平成二十九年六月十六日法律第六十三号(趣旨)第一条 この法律は、天皇陛下が、昭和六十四年一月七日の御即位以来二十八年を超える長期にわたり、国事行為のほか、全国各地への御訪問、被災地のお見舞いをはじめとする象徴としての公的な御活動に精励してこられた中、八十三歳と御高齢になられ、今後これらの御活動を天皇として自ら続けられることが困難となることを深く案じておられること、これに対し、国民は、御高齢に至るま...

Read More
皇室典範
天皇の退位等に関する皇室典範特例法施行令

平成三十年政令第四十四号 内閣は、天皇の退位等に関する皇室典範特例法(平成29年法律第六十三号)附則第四条第一項第二号及び第二項、第五条第二号並びに第九条の規定に基づき、この政令を制定する。(退位の礼)第一条 天皇の退位等に関する皇室典範特例法(以下「法」という)第二条の規定による天皇の退位に際しては、退位の礼を行う。(上皇に関し天皇の例による法令に定める事項)第二条 法附則第四条第一項第二号の政...

Read More
皇室典範
終戦の詔書

昭和二十年八月十四日朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し茲に忠良なる爾臣民に告く朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し其の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり抑々帝国臣民の康寧を図り万邦共栄の楽を偕にするは皇祖皇宗の遺範にして朕の拳々惜かさる所曩に米英二国に宣戦せる所以も亦実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾するに出て他国の主権を排し領土を侵すか如きは固より朕か志にあ...

Read More
皇室典範
年頭、国運振興の詔書

昭和二十一年一月一日茲に新年を迎ふ。顧みれば明治天皇明治の初国是として五箇条の御誓文を下し給へり。曰く、一 広く会議を興し万機公論に決すへし一 上下心を一にして盛に経綸(競輪)を行ふへし一 官武一途庶民に至る迄各其志を遂け人心をして倦まさらしめんことを要す一 旧来の陋習を破り天地の公道に基くへし一 智識を世界に求め大に皇基を振起すへし叡旨公明正大、又何をか加へん。朕は茲に誓を新にして国運を開かんと...

Read More
皇室典範
食糧問題に関する御言葉

昭和二十一年五月二十四日祖国再建の第一歩は、国民生活とりわけ食生活の安定にある。戦争の前後を通じて、地方農民は、あらゆる生産の障害とたたかい、困苦に堪え、食糧の増産と供出につとめ、その努力はまことにめざましいものであったが、それにもかかわらず、主として都市における食糧事情は、いまだ例を見ないほど窮迫し、その状況はふかく心をいたましめるものがある。これに対して、政府として、直ちに適切な施策を行うべき...

Read More
皇室典範
東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば

平成二十三年三月十六日この度の東北地方太平洋沖地震は、マグニチュード9.0という例を見ない規模の巨大地震であり、被災地の悲惨な状況に深く心を痛めています。地震や津波による死者の数は日を追って増加し、犠牲者が何人になるのかも分かりません。一人でも多くの人の無事が確認されることを願っています。また、現在、原子力発電所の状況が予断を許さぬものであることを深く案じ、関係者の尽力により事態の更なる悪化が回避...

Read More
皇室典範
象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば

平成二十八年八月八日戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます。私も80を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れる...

Read More
皇室典範
平成時代における天皇及び皇族の記者会見

平成30(2018)年12月20日宮内記者会代表質問問 天皇陛下として迎えられる最後の誕生日となりました。陛下が皇后さまとともに歩まれてきた日々はまもなく区切りを迎え、皇室は新たな世代が担っていくこととなります。現在のご心境とともに、いま国民に伝えたいことをお聞かせ下さい。 私は即位以来、日本国憲法の下で象徴と位置付けられた天皇の望ましい在り方を求めながらその務めを行い、今日までを過ごしてきました...

Read More
皇室典範
新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)(三笠宮崇仁親王)

昭和二十一年十一月三日三笠宮崇仁親王一、はしがき 昭和二十一年十一月三日(日)新日本憲法は公布された。国体の変化は別としてもとにかく重大な変化である。今迄(まで)皇室典範改正案に就いては度々話も聞いたし、私の意見を述べたこともあり、まだ腹の中で考へて居ただけのこともあり、又どうしたらよいのかふらふらと迷つて居たこともあった。所が今日いよいよ新憲法が確定されて公布されたとなるとどうしても又新しい気持...

Read More
皇室典範
皇位継承の安定への提言(日本の尊厳と国益を護る会)

令和元(2019)年10月23日日本の尊厳と国益を護る会【1】意義の確立 わたしたち日本国民は、昭和20年、西暦1945年から74年間、天皇陛下と皇室の存在意義を学校で正面から教わることがないままに来た。それは家庭教育にも似通った現実をもたらしていると思われる。 そのために、天皇陛下のご存在を男系・父系によって続けることの根本的意義あるいは世界的価値を知る機会に乏しい。 まず、ここから再出発せねば...

Read More
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

昭和12年学会


ページの先頭へ戻る