共産主義インターナショナルへの加入条件

 

ソビエト社会主義共和国連邦国旗

千九百二十年八月六日

 

 共産主義インターナショナルの第一回創立大会は、第三インターナショナルへの個々の党の加入を承認するための厳密な条件を作成しなかった。第一回大会が招集きれたときには、大多数の国々には、共産主義的な傾向やグループしか存在していなかった。
 共産主義インターナショナルの第二回世界大会は、それとは異なった状況の下で開かれている。今では、大多数の国々に、もはや共産主義的な潮流や傾向だけではなく、共産主義的な党や組織が存在している。
 まだ最近まで第二インターナショナルに所属していて、現在は第三インターナショナルへの加入を希望しているが、実際に共産主義的になっていない党やグループが、今や益々頻繁に共産主義インターナショナルに申し込んでいる。第二インターナショナルは最後的に粉砕された。第二インターナショナルのまったく見込みのない状態をみて、「中央派」の中間的な党やグループは、益々強力になりつつある共産主義インターナショナルに頼ろうと努めているが、しかし、その際、彼らは、これまでどおりの日和見主義的政策または「中央派的」政策を続けてゆく可能性を与えてくれるような「自治」を維持したいと望んでいる。共産主義インターナショナルは、ある程度まで流行となろうとしている。
 「中央派」の一部の指導的グループが第三インターナショナルへの加入を希望していることは、共産主義インターナショナルが全世界の自覚した労働者の大多数の共感を勝ち得て、日毎に益々強大な勢力となっていることを、間接に裏書きするものである。
 第二インターナショナルのイデオロギーをまだ捨て去っていない、ぐらついた中途半端なグループのために水増しされるという危険が、共産主義インターナショナルを脅かしている。
 その上、その党員の大多数が共産主義の見地に立っているいくつかの大きな党(イタリア、スウェーデン、ノルウェー、ユーゴスラヴィア、その他)には、今なお、かなり大きな改良主義的、社会平和主義的なグループが残っている。彼らは、再び頭をもたげてプロレタリア革命の積極的なサボタージュを始め、こうしてブルジョアジーと第二インターナショナルを助けるための時機を待っているに過ぎない。
 共産主義者の誰一人、ハンガリー・ソヴィエト共和国の教訓を忘れてはならない。ハンガリーの共産主義者がいわゆる「左翼」社会民主主義者と合同したことは、ハンガリーのプロレタリアートに高い代価を支払わせた。
 以上の理由で、共産主義インターナショナル第二回世界大会は、新しい諸党の加入を承認するためのまったく厳密な条件を定めること、また既に共産主義インターナショナルへの加入を承認されている諸党に対して、彼らに負わされている義務を指摘することが必要だと考える。
 共産主義インターナショナル第二回大会は、共産主義インターナショナルに所属するための条件は次のようなものであると決定する。

 

第一条 日常の宣伝と扇動は、真に共産主義的な性格をもち、第三インターナショナルの綱領及びすべての決定に合致していなければならない。党の手中にあるすべての機関紙誌は、プロレタリア革命の事業に献身的なことを証拠立てた、信頼出来る共産主義者によって編集されなければならない。プロレタリアートの執権は、単に暗記した流行の公式として口にするだけであってはならない。それは、我々の出版物が日々に、系統的に指摘する生活上の諸事実に基づいて、その必要性が普通の男女の労働者、兵士、農民の一人ひとりに理解されるような仕方で、宣伝されなければならない。 定期不定期の出版物とすべての党出版所は、そのときに党が全体として合法的であるか、非合法的であるかには関わりなく、完全に党中央委員会に従属させられなければならない。出版所がその自治を悪用して、党の政策に十分合致しない政策を実行することは、許されない。
 新聞紙上で、民衆集会で、労働組合で、協同組合で―第三インターナショナルの支持者が入り込んでゆける所ならどこででも、ブルジョアジーだけでなく、その助手であるあらゆる色合いの改良主義者をも、系統的に、容赦なく糾弾することが必要である。

 

第二条 共産主義インターナショナルに所属することを希望するすべての組織は、労働運動内の幾分とも責任ある部署(党組織、編集部、労働組合、議員団、協同組合、地方自治体、等々)から、計画的、系統的に改良主義者や「中央派」の支持者を排除して、信頼出来る共産主義者と置き換える義務がある。この場合、始めのうち、「練達な」活動家を普通の労働者と交替させなければならないことがときにはあっても、それにこだわってはならない。

 

第三条 ヨーロッパとアメリカのほとんどすべての国で、階級闘争は内乱の局面に入ろうとしている。こういう条件の下では、共産主義者はブルジョア的合法性に信頼を寄せるわけにはいかない。共産主義者は、どこでも並行的な非合法的機構を作り出す義務がある。こういう機構は、決定的な瞬間に党が革命に対するその責務を果たすのを助けるであろう。戒厳状態または例外法のために共産主義者がその全活動を合法的に行うことの出来ないすべての国で、合法活動と非合法活動を結合することが、無条件に必要である。

 

第四条 共産主義思想を広めるという責務には、軍隊内で粘り強い、系統的な宣伝を行うことがとくに必要だということが含まれている。この扇動が例外法によって禁止されている所では、それは非合法に行われなければならない。こういう活動を拒否することは、革命的責務を裏切るに等しく、第三インターナショナルへの所属とは相容れないであろう。

 

第五条 農村における系統的、計画的な扇動が必要である。労働者階級は、農村の雇農と貧農のせめて一部を味方につけ、またその政策によってその他の農村住民の一部を中立化させないでは、自己の勝利を打ちかためることは出来ない。現在の時期には、農村での共産主義的活動は、第一級の重要性をもつようになっている。この活動は、主として、農村との結びつきをもっている都市及び農村の革命的な共産主義的労働者の手で行われなければならない。この活動を拒否したり、信頼出来ない半改良主義者の手にそれを委ねたりすることは、プロレタリア革命を断念するのに等しい。
第六条 第三インターナショナルに所属することを希望するすべての党は、露骨な社会愛国主義だけでなく、また社会平和主義の偽りと偽善をも暴露する義務がある。即ち、資本主義を革命的に打倒しないかぎり、どんな国際仲裁裁判所も、どんな軍縮条約も、国際連盟のどんな「民主的」改組も、人類を新しい帝国主義戦争から救ってはくれないということを、労働者に対して系統的に証明する義務がある。

 

第七条 共産主義インターナショナルに所属することを希望する党は、改良主義や「中央派」の政策と完全に、絶対的に絶縁する必要があることを承認し、この絶縁を最も広範囲の党員の間で宣伝する義務がある。これなしには、首尾一貫した共産主義的政策は不可能である。
 共産主義インターナショナルは、この絶縁を出来るだけ短い期間内に実行することを、無条件に、最後通牒的に要求する。例えばトゥラーティ、カウツキー、ヒルファディング、ヒルキット、ロンゲ、マクドナルド、モディリアーニその他のような、名うての日和見主義者が、自らを第三インターナショナルの成員とみなす権利をもつというようなことを、共産主義インターナショナルは我慢することが出来ない。そんなことになれば、第三インターナショナルは、死亡した第二インターナショナルに酷似したものになってしまうであろう。

 

第八条 植民地と被抑圧民族の問題では、その国のブルジョアジーがこういう植民地を領有し、他民族を抑圧している国々の党が、とくに正確で明白な方針をとることが必要である。第三インターナショナルに所属することを希望するすべての党は、植民地における「自国」の帝国主義者の企みを容赦なく暴露し、植民地におけるあらゆる解放運動を口先でなく、実際に支持し、これら植民地からの自国の帝国主義者の追放を要求し、自国の労働者の心の内に、植民地や被抑圧民族の勤労住民に対する真に兄弟のような感情を育て、自国の軍隊内で、植民地民族のあらゆる抑圧に反対して系統的な扇動を行う義務がある。

 

第九条 共産主義インターナショナルに所属することを希望するすべての党は、労働組合、労働者代表ソヴィエト、工場・経営委員会、協同組合その他の労働者大衆組織の内部で、系統的に、粘り強く共産主義的活動を行う義務がある。これらの組織内には共産党の細胞を作ることが必要である。細胞は、長期に渡る、粘り強い活動によって、その労働組合等々を共産主義の事業の味方に獲得しなければならない。これらの細胞は、その日常活動にあたって、絶えず社会愛国主義者の裏切りや「中央派」の動揺を暴露する義務がある。これらの共産党細胞は、全体としての党に完全に従属していなければならない。

 

第十条 共産主義インターナショナルに所属することを希望するすべての党は、黄色労働組合のアムステルダム・インターナショナルと粘り強く戦う義務がある。党は、黄色アムステルダム・インタナショナルと絶縁する必要があることを、労働組合に組織された労働者の間で粘り強く宣伝しなければならない。党は、今生まれようとしている、共産主義インターナショナルに加盟する赤色労働組合の国際的連合体を、あらゆる手段で支持しなければならない。

 

第十一条 第三インターナショナルに所属することを希望する党は、自党の議員団の人的構成を検討し、信頼出来ない分子をそれから排除し、これらの議員団を、口先だけでなく実際に党中央委員会に従属させ、共産主義者の議員の一人ひとりに、その全活動を真に革命的な宣伝と扇動の利益に従属させるように要求する義務がある。

 

第十二条 共産主義インターナショナルに所属する党は、民主的中央集権制の原則に基づいて建設されなければならない。現在のような激しい内乱の時期には、党が最も中央集権的に組織され、党内に軍事的規律に近い鉄の規律が行われ、党中央部が、広範な全権をもち、全党員の信頼を得た、権能ある、権威ある機関である場合にだけ、共産党は自分の責務を果たすことが出来るであろう。

 

第十三条 共産主義者が合法的にその活動を行っている国々の共産党は、不可避的に党に潜り込んでくる小ブルジョア分子を党から系統的に清掃するため、党組織の人的構成の定期的粛清(再登録)を行わなければならない。

 

第十四条 共産主義インターナショナルに所属することを希望するすべての党は、反革命勢力に対する各ソヴィエト共和国の闘争を全幅的に支持する義務がある。共産党は、労働者にソヴィエト諸共和国の敵宛ての軍需物資の輸送を拒否させるためにたゆみない宣伝を行い、労働者共和国を圧殺するために派遣される軍隊内で、あらゆる手段を講じて合法的または非合法的に宣伝を行う、等々しなければならない。

 

第十五条 今なお古い社会民主主義的綱領を維持している諸党は、出来るだけ短い期間内にその綱領を改訂し、自国の特殊な諸条件に適応しながらも共産主義インターナショナルの諸決定の精神に立つ新しい共産主義的綱領を作成する義務がある。通例、共産主義インターナショナルに所属する各党の綱領は、共産主義インターナショナルの定例大会またはその執行委員会の承認を得なければならない。ある党の綱領が共産主義インターナショナルの執行委員会によって承認されない場合には、その党は、共産主義インターナショナルの大会に上訴する権利がある。

 

第十六条 共産主義インターナショナルの各大会のすべての決定と、その執行委員会の諸決定は、共産主義インターナショナルに所属するすべての党を拘束する。極めて激しい内乱の情勢の中で活動している共産主義インターナショナルは、第二インターナショナルに比べて、遥かに中央集権的に構成されていなければならない。この場合、いうまでもないことであるが、共産主義インターナショナルとその執行委員会とは、その全活動に際して、それぞれの党が戦い、活動しなければならない条件が極めて多様であることを考慮に入れて、そういう決定が可能な問題についてのみ、全体を拘束する決定を下すようにする義務がある。

 

第十七条 以上のすべてと関連して、共産主義インターナショナルに所属することを希望するすべての党は、党の名称を変更しなければならない。共産主義インターナショナルに所属することを希望する各党は、これこれの国の共産党(第三共産主義インターナショナル支部)という名称をつけなければならない。党名の問題は、単なる形式上の問題ではなくて、極めて重要な政治問題である。共産主義インターナショナルは、ブルジョア世界全体と、黄色社会民主諸党の全部とに対して、断固たる闘争を宣言したのだ。共産党と、労働者階級の旗を裏切った、古い、公認の「社会民主」党または「社会」党との区別が、普通の勤労者の一人ひとりにまったく明瞭であるようにしなければならない。

 

第十八条 すべての国の党のすべての指導的な機関紙誌は、共産主義インターナショナル執行委員会のすべての重要な公式文書を転載する義務がある。

 

第十九条 共産主義インターナショナルに所属しているか、またはそれへの加入の希望を表明したすべての党は、これらすべての条件を審議するために、出来るだけ短い期間内に、遅くも共産主義インターナショナル第二回大会以後四ヵ月以内に、自党の臨時大会を招集する義務がある。その際、党中央委員会は、共産主義インターナショナル第二回大会の藷決定をすべての地方組織に周知させるように、配慮しなければならない。

 

第二十条 現在第三インターナショナルへの加入を希望しているが、今日までのところその従来の戦術を根本的に変更していない諸党は、第三インターナショナルへの加入に先立って、党中央委員会及びすべての主要な党中央機関の構成員の三分の二以上が、共産主義インターナショナル第二回大会以前からすでに公に、また明瞭に第三インターナショナルへの加入に賛成を表明していた同志達によって占められるように、配慮しなければならない。例外は、第三インターナショナル執行委員会の承認があれば許される。共産主義インターナショナル執行委員会は、第七条に名を挙げた「中央派」の代表達についても、例外を設ける権限をもつ。

 

第二十一条 共産主義インターナショナルが提示した条件やテーゼを原則的に拒否する党員は、党から排除されなければならない。
 これはまた、臨時党大会の代議員にも適用される。


 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

昭和12年学会


ページの先頭へ戻る