日本の憲法典

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本の憲法典

はじめに

 

明治になって、ヨーロッパの価値観が流入することになり、日本は近代憲法典を作るために奔走します。

 

近代憲法典を作るために、五箇条の御誓文を始め、様々な改革を試みることになりますが、中々上手くいきません。
しかし、憲法とはその国の歴史を成文化したものであることを知ったことで、日本の歴史に即した憲法典を作ることに成功しました。

 

その後、大日本帝国憲法を運用することになりますが、第2次世界大戦の敗戦によって日本国憲法が成立します。

 

このページでは、明治において制定された大日本帝国憲法、戦後に制定された日本国憲法について、様々な側面から解説していますので、理解を深めてみて下さい。

 

日本国憲法の解釈権をもつ内閣法制局について

 

憲法の解釈権を握る最強の行政機関、内閣法制局とはどんな組織か

 

内閣法制局の歴史や内閣法制局が作り上げた日本国憲法における政府解釈をご紹介します。

 

この記事を読む

 

 

 

明治において成文化された憲法

 

伊藤博文が書いた大日本帝国憲法の解釈書、憲法義解を読んでみよう

 

伊藤博文が書いた憲法義解を口語訳で紹介しています。

 

この記事を読む

 

 

 

日本の憲法典の法体系

 

大日本帝国憲法の法体系

 

大日本帝国憲法の法体系をご紹介しています。

 

この記事を読む

 

日本国憲法の法体系

 

日本国憲法の法体系をご紹介しています。

 

この記事を読む

 

 

日本の憲法典記事一覧

dummy
憲法の解釈権を握る最強の行政機関、内閣法制局とはどんな組織か

はじめに日本国憲法は、制定されてから一度も改正されていません。そのことから、政府が推進していく政策や法律との整合性は内閣法制局に実際上の解釈権があるといえます。このページでは、内閣法制局の歴史や内閣法制局が作り上げた日本国憲法における政府解釈をご紹介します。内閣法制局の過去と現在内閣法制局の前身は、明治維新後、太政官正院に設置された法制課から始まります。そしてGHQの占領期を経て、現在の内閣法制局...

Read More
伊藤博文が書いた憲法の解釈書、憲法義解を読んでみよう

伊藤博文を中心に大日本帝国憲法が策定され、枢密院での審議を経たのち、明治22(1889)年2月11日に明治天皇より、公布されることになりました。その帝国憲法が策定された際に、帝国憲法の条文の根拠、解釈書として憲法義解(けんぽうぎげ)が作られています。また伊藤博文が帝国憲法を作る際に、日本の歴史、伝統、文化を踏まえてその中の大切なものを成文化したものです。その解釈には、それらの要素が多く入っているこ...

Read More
dummy
日本国憲法の法体系

憲法典には、成文化された憲法とその憲法の附属法があります。ここでは、日本国憲法の法体系をご紹介します。日本国憲法日本国憲法憲法附属法第4条第2項関係国事行為の臨時代行に関する法律大日本帝国憲法の法体系における効力日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律日本国憲法施行の際現に効力を有する勅令の規定の効力等に関する政令

Read More
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る