憲法の解釈権を握る最強の行政機関、内閣法制局とはどんな組織か

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

憲法の解釈権を握る最強の行政機関、内閣法制局とはどんな組織か

はじめに

 

日本国憲法は、制定されてから一度も改正されていません。
そのことから、政府が推進していく政策や法律との整合性は内閣法制局に実際上の解釈権があるといえます。

 

このページでは、内閣法制局の歴史や内閣法制局が作り上げた日本国憲法における政府解釈をご紹介します。

 

内閣法制局の過去と現在

 

内閣法制局の前身は、明治維新後、太政官正院に設置された法制課から始まります。そしてGHQの占領期を経て、現在の内閣法制局となりました。その一連の歴史をご紹介します。

 

最強官庁法制局の始まりは、明治、この頃はどんな組織だったのか

 

内閣法制局の前身は、内閣の直轄に設置された法制局になります。その法制局がどんな組織だったのかをご紹介します。

 

この記事を読む

 

占領下における法制局の活躍と抵抗そして解体、この時期に何をしていたのか

 

日本の敗戦後、GHQの占領下において占領行政を行うことになります。ここではその占領下の法制局についてご紹介します。

 

この記事を読む

 

内閣法制局は法の番人としていわば最強官庁といわれます、その所以とは何なのか

 

内閣法制局は、法の番人として官庁の中の官庁であり、政治家はおろか官僚でさえ逆らうことが出来ない最強官庁といえます。その最強官庁といわれる所以についてご紹介します。

 

この記事を読む

 

内閣法制局の普段の仕事によって、どのように影響力を与えているのか、その視点で見ていきましょう!

 

現在の内閣法制局は、どのような仕事をしているのか、中々見えにくいところがあります。ここでは、普段の内閣法制局の組織形態や仕事についてご紹介します。

 

この記事を読む

 

内閣法制局長官OBと学者で構成する参与会という組織の全貌はどんなものなのか

 

内閣法制局の参与会は、内閣法制局長官でも恐れると言われてる組織です。参与会がどのような組織でどのような性質があるかについてご紹介します。

 

この記事を読む

 

内閣法制局長官を明治から現在までの歴代を紹介、存命しているのは誰か?

 

ここでは、歴代の内閣法制局長官をご紹介します。

 

この記事を読む

 

 

 

内閣法制局が作り上げた政府解釈

 

日本国憲法の実際の解釈は、内閣法制局が作り上げています。その解釈には、一貫性があると言われています。その政府解釈をご紹介します。

 

内閣法制局が作り上げた「天皇」に関する政府解釈

 

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「天皇」に関する政府解釈をご紹介します。

 

この記事を読む

 

内閣法制局が作り上げた「戦争の放棄」に関する政府解釈

 

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「戦争放棄」に関する政府解釈をご紹介します。

 

この記事を読む

 

内閣法制局が作り上げた「内閣」に関する政府解釈

 

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「内閣」に関する政府解釈をご紹介します。

 

この記事を読む

 

内閣法制局が作り上げた「国会」に関する政府解釈

 

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「国会」に関する政府解釈をご紹介します。

 

この記事を読む

 

内閣法制局が作り上げた「地方自治」に関する政府解釈

 

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「地方自治」に関する政府解釈をご紹介します。

 

この記事を読む

 

内閣法制局が作り上げた「日本銀行法改正」に関する政府解釈

 

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「日本銀行改正」に関する政府解釈をご紹介します。

 

この記事を読む

 

 

憲法の解釈権を握る最強の行政機関、内閣法制局とはどんな組織か記事一覧

dummy
最強官庁法制局の始まりは、明治、この頃はどんな組織だったのか

内閣法制局の前身は、内閣の直轄に設置された法制局になります。その法制局がどんな組織だったのかをご紹介します。明治に作られた法制局とはどんな組織なのか法制局の始まり法制局の始まりは、明治4(1871)年太政官正院において法制課が設けられました。明治維新後設置された太政官にその産声を上げたといえます。この時期は、頻繁に行政改革を行っていましたので、明治8(1875)年になると太政官正院の法制課から改め...

Read More
dummy
占領下における法制局の活躍と抵抗そして解体、この時期に何をしていたのか

日本の敗戦後、GHQの占領下において占領行政を行うことになります。しかし法制局は、法理を楯にしてGHQに譲らないことがしばしばありました。そのことがきっかけで解体の憂き目に遭います。ここではその占領下の法制局についてご紹介します。抵抗する法制局占領下の日本昭和20(1945)年9月2日の降伏文書調印によって、日本は連合国の占領管理下に入りました。いわゆる占領時代の到来です。その占領時代においてGH...

Read More
dummy
内閣法制局は法の番人としていわば最強官庁といわれます、その所以とは何なのか

内閣法制局は、法の番人として官庁の中の官庁であり、政治家はおろか官僚でさえ逆らうことが出来ない最強官庁といえます。その最強官庁といわれる所以についてご紹介します。政治家にとっての内閣法制局とは政府の有権解釈内閣法制局とは、政府の法解釈を行う機関です。この機関によって決まったいわゆる行政解釈は、政府全体に拘束されます。これを有権解釈といいます。憲法の有権解釈権については、日本国憲法第81条において、...

Read More
dummy
内閣法制局の普段の仕事によって、どのように影響力を与えているのか、その視点で見ていきましょう!

現在の内閣法制局は、どのような仕事をしているのか、中々見えにくいところがあります。そして実際に各省庁や国会議員に対して、どのように関わっているのか。ここでは、普段の内閣法制局の組織形態や仕事についてご紹介します。内閣法制局の構成について構成員内閣法制局の構成は、副大臣級の長官を始め、各省事務次官級の次長、第一部長、第二から第四までの各審査部の部長、総務主幹、参事官となっています。長官と次長になるこ...

Read More
dummy
内閣法制局長官OBと学者で構成する参与会という組織の全貌はどんなものなのか

内閣法制局の参与会は、内閣法制局長官でも恐れると言われてる組織です。参与会がどのような組織でどのような性質があるかについてご紹介します。内閣法制局参与会とは参与会の設置内閣法制局には、内閣法制局の顧問的立場にあたる参与会という組織があります。参与会は、長官経験者や学会等の権威者が参与となり、その参与が一堂に会してある特定のテーマについて意見交換する会です。重要な問題や複雑な問題について定期的に開か...

Read More
dummy
内閣法制局長官を明治から現在までの歴代を紹介、存命しているのは誰か?

戦前は法制局長官、占領期には、法制局長官から法制長官や法制意見長官と法制局解体の憂き目に遭いました。その後法制局が復活し、法制局長官、内閣法制局長官となりました。ここでは、歴代の長官をご紹介します。法制局長官氏名在位期間その時の内閣山尾 庸三やまお ようぞう(故人)明治18(1885)年12月23日から明治21(1888)年2月7日宮中顧問官との兼任第1次伊藤内閣井上 毅いのうえ こわし(故人)明...

Read More
dummy
内閣法制局が作り上げた「天皇」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「天皇」に関する政府解釈をご紹介します。象徴天皇に関する政府解釈以下の内容としては、日本国の象徴を天皇が表していること、過去にイギリスのウェストミンスター条例と同様であることを答弁しています。つまりイギリスと同様の議院内閣制モデルです。ちなみに帝国憲法のとくに大正デモクラシー期においては、イギリス型の議院内閣制を推進していましたので、それとも合致するといえま...

Read More
dummy
内閣法制局が作り上げた「戦争の放棄」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「戦争放棄」に関する政府解釈をご紹介します。吉田茂内閣時代の政府解釈以下の内容としては、日本は自衛権の発動としての戦争も放棄しているという答弁です。ちなみに自衛権とは、自然権として認められる権利であるため、生まれながらにして持つ権利となります。例えばナイフで刺されそうになったときに、絡み合ってナイフでその人を刺してしまっても、正当防衛になります。こういうもの...

Read More
dummy
内閣法制局が作り上げた「内閣」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「内閣」条項に関する政府解釈をご紹介します。内閣総理大臣に関する政府解釈以下の内容としては、内閣総理大臣の臨時代理は、国務大臣の任免権、衆議院の解散権、内閣の総辞職が出来るかという質問です。それに対して、津野長官は、内閣総理大臣の地位に基づく一身専属的な職務権限については行使することが出来ないと答弁しています。第147回国会常会参議院予算委員会14号3頁平成...

Read More
dummy
内閣法制局が作り上げた「国会」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「国会」条項に関する政府解釈をご紹介します。国権の最高機関に関する政府解釈内容としては、憲法第41条に最高機関と明記されてはいますが、ほかに優越する法的な意味を持つものではないと答弁しています。また国政調査権については、法令の範囲内に限り応えるべきものとの見解です。第126回国会常会参議院予算委員会2号16頁平成5(1993)年3月9日 大出 峻郎 内閣法制...

Read More
dummy
内閣法制局が作り上げた「地方自治」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「地方自治」条項に関する政府解釈をご紹介します。地方自治の本旨に関する政府解釈内容としては、憲法第92条の地方自治の本旨は学会の通説と同じ、住民自治と団体自治の二つの原則を包摂する概念であることを答弁しています。第61回国会常会参議院地方行政委員会23号3頁昭和44(1969)年7月8日 荒井 勇 内閣法制局第三部長 この憲法九十二条に書いてあります地方自治...

Read More
dummy
内閣法制局が作り上げた「日本銀行法改正」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた日本国憲法における「日本銀行法改正」に関する政府解釈をご紹介します。日本銀行法改正に関する政府解釈内容としては、日銀法の改正によって、日銀総裁は、国会同意人事の末5年間の任期をもって業務を行うことになります。これが現在の改正日銀法です。当時の議論としては、日銀が行っていることは、行政に関わるため、当然民主的なコントロールというものが必要になります。とくに行政の部分としては、通...

Read More
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る