憲法義解〜第一条

第一条 大日本帝国は万世一系の天皇之を統治す
(大日本帝国は、万世一系の天皇が統治する)

 

 

 

 

口語訳

恭て按ずるに、神祖開国以来、時に盛衰ありといえども、世に治乱ありといえども、皇統一系宝祚の隆は天地と興に窮なし。本条初めに立国の大義を掲げ、我が日本帝国は一系の皇統と相よって終始し、古今永遠にわたり、一ありて二なく、常ありて変なきことを示し、もって君民の関係を万世にあきらかにす。
統治は大位におり、大権を統べて国土及び臣民を治むるなり。古典に天祖の勅を挙げて「瑞穗國是吾子孫可王之地也。宜爾皇孫就而治焉」(瑞穂の国は、是れ、吾(あ)が子孫(うみのこ)の王(きみ)たるへき地(くに)なり。宣(よろ)しく爾(いまし)皇孫(すめみま)就(ゆ)きて治(しら)せ」と云えり。また神祖を称(とな)えたてまつりて「始御国(はつくにしらす)天皇(すめらみこと)」と言えり。日本武尊の言に「吾者纏向(まきむく)の日代宮(ひしろのみや)の坐(ざし)て大八島国知ろしめす大帯日子淤斯呂和気天皇(おおたらしひこおしろわけのすめらみこと、第12代景行天皇)の御子」とあり。文武天皇即位の詔に、「天皇か御子のあれまさむ彌(や)継継(つぎつぎ)に大八島国知らさむ次」とのたまい、また「天下を調へたまひ公民(おおみたから)を恵みたまひ撫(な)てたまはむ」とのたまえり。
世々の天皇皆この義を経て伝国の大訓としたまはざるはなく、その後「御(しろしめす)大八洲天皇」というをもって詔書の例式とはなされたり。いわゆる『シラス』とは即ち統治の義にほかならず。けだし祖宗その天職を重んじ、君主の徳は八洲臣民を統治するにあって一人一家に享奉するの私事に非ざることを示されたり。これ即ち憲法の拡てもってその基礎となす所なり。
我が帝国の版図、古に大八島といえるは淡路島(即ち今の淡路)・秋津島(即ち本島)・伊予の二名(ふたな)島(即ち四国)・筑紫島(即ち九州)・壱岐島・津島(津島即ち対馬)・隠岐・佐渡島をいえること古典にのせたり。景行天皇東蝦夷を征し、西熊襲(くまそ)を平らげ、疆土(国土)大に定まる。推古天皇のとき、百八十余の国造(くにのみやつこ)あり。延喜式に至り六十六国及び二島の区画をのせたり。明治元年陸奥出羽の二国を分かち七国とす。二年北海道に十一国を置く。これにおいて全国合わせて八十四国とす。現在の疆土は実に古のいわゆる大八島・延喜式六十六国及び各島・並びに北海道・沖縄諸島及び小笠原諸島とす。けだし土地と人民とは国のもって成立するところの元質(根本)にして、一定の疆土はもって一定の邦国をなし、而して一定の憲章その間に行わる。故に一国は一個人の如く、一国の疆土は一個人の体躯の如く、もって統一完全の版図をなす。

 

 

現代語訳

恭んで思うには、神武天皇が建国されて以来、時には盛衰があり、世に治世と乱世がありはしても、皇統が一系で即位されてきたことは、天地と同じく終わりがない。本条は、最初に立国の大義を掲げて、我が日本帝国は一系の皇統とともに終始し、今も昔も永遠にあり、一体であって二体ではなく、常であって変わることがないことを示し、それにより君主と民の関係を永遠に明らかにする。
統治は、天皇がその位にあって、大権を統一し、国土と臣民を治めることである。日本書紀には、天祖(天照大神)の勅を挙げて、「瑞穂の国は我が子孫の王たる者の地である。宜しく皇孫を皇位に就かせ治めなさい」といわれた。また、神祖(神武天皇)を称えて祭り始御国天皇(はつくにしらすすめらみこと)といわれた。日本武尊の言葉に「私は纏向(まきむく)の日代宮(ひしろのみや)にましまして大八島国(おおやしまのくに)を治めておられる大帯日子淤斯呂和気天皇(おおたらしひこおしろわけのすめらみこと)の御子である」とある。文武天皇(もんむてんのう)即位の詔に「天皇の御子がお生まれになると次々に大八島国をお治めになってきたのに続いて」とおっしゃり、また「天下をあるべき姿になさり、公民に対して恵みなさり慰めなさる」とおっしゃった。
代々の天皇は、皆このことによって国を受け継いでいくための大訓となさり、その後の「大八州(おおやしま)しろしめす天皇(すめらみこと)」ということで、詔書の例式とされた。
いわゆる「しらす」とはすなわち統治の意味に他ならない。思うに、歴代天皇はその天から命じられた職務として重んじ、君主の徳は八州の臣民を統治するためにあって、一人一家に奉仕する私事ではないことを示された。これは、この憲法の拠りどころであり、基礎とするところである。
我が帝国の勢力圏は、古に大八島というのは淡路島(現在の淡路)、秋津島(本島)、伊予の二名島(四国)、筑紫島(九州)、壱岐島・津島(対馬)、隠岐島・佐渡島であると、『延喜式』に記載されている。景行天皇が東の蝦夷を征伐し、西の熊襲を平定し、国土が大いに定まった。推古天皇の時には百八十余の国造(くにのみやつこ)が置かれ、『延喜式』では六十六国及び二島の区画を載せている。明治元年、陸奥・出羽の二国を分けて七国にし、北海道に十一国を置く。これにより全国合わせて八十四国となった。現在の国土は、実に古のいわゆる大八島、『延喜式』の六十六国及び各島、並びに北海道・沖縄諸島及び小笠原諸島からなる。思うに、土地と人民とは国を成立させる根本であり、一定の国土は一定の国家を成り立たせ、そして、一定の憲法がその間で行われる。ゆえに、一国は一個人のように、一国の国土は一個人の身体のようなものであり、統一された完全な版図をなしている。

 

 

ポイント

天皇は万世一系です。
天皇の大権を統一し、国土と臣民を治めることになります。その根拠は、神勅にあります。
「しらす」とは統治の意味です。
この第1条は、第4条と対になる条文です。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

昭和12年学会
ページの先頭へ戻る