憲法義解〜第四章 国務大臣及び枢密顧問

 

 

口語訳

国務大臣は輔弼の任に居り、詔命を宣奉し政務を施行す。
而して、枢密顧問は重要の諮詢に應え、枢密の謀議を展(の〉ぶ。
皆天皇最高の輔翼たる者なり。

 

 

現代語訳

国務大臣は天皇を補佐する任にあり、詔命を承って政務を行う。
そして枢密顧問は重要な国務に関する意見に応え、政治上の重要な秘密を議論し意見を述べる。
国務大臣と枢密顧問は天皇の最高の補佐となるものである。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

昭和12年学会
ページの先頭へ戻る