憲法義解〜第三十二条

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

憲法義解〜第三十二条〜

第三十二条 本章に掲けたる条規は陸海軍の法令又は紀律に牴触せさるものに限り軍人に準行す
(本章に掲げた条文で、陸海軍の法令又は規律に抵触しないものに限り、準用する)

 

 

 

 

口語訳

軍人は軍旗の下に在て軍法・軍令を恪守し、専ら服従をもって第一義務とす。
故に本章に掲ぐる権利の条規にして軍法・軍令と相牴触する者は軍人に通行せず。
即ち、現役軍人は集会・結社して軍制又は政事を論ずることを得ず、政事上の言論・著述・印行及請願の自由を有せざるの類これなり。

 

 

現代語訳

軍人は軍旗の下にあって、軍法や軍令を遵守し、専ら服従を第一の義務とする。
ゆえに本章に掲げる権利の規定で、軍法や軍令と抵触するものは、軍人に適用しない。
すなわち、現役軍人は集会、結社を行って軍制または政治を論じることはできず、政治上の言論、著述、図書の刊行及び請願の自由をもたないといったことが、これである。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る