憲法義解〜第四十三条

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

憲法義解〜第四十三条

第四十三条 臨時緊急の必要有る場合において常会の外臨時会を召集すへし
 臨時会の会期を定むるは勅命に依る

(臨時緊急の必要がある場合は、常会のほかに臨時会を召集することが出来る
 臨時会の会期は、勅命によって定める)

 

 

 

 

口語訳

議会は一年に一会を開く。
之を常会とする。
憲法に常会の時期を掲げずといえども、蓋し、常会は以て毎年の予算を議するの便を取る故に、冬季に開会するを例とする。
而して、常会の外、臨時緊急の必要あるときは特に勅命を発して臨時会を召集す。

 

臨時会の会期は憲法に之を限定せず。
而して、臨時召集する所の勅命の定める所に従う。
また、その必要如何に依らしめるなり。

 

 

現代語訳

議会は、一年に一度開く。
これを常会という。
憲法に常会の時期を掲げないとしても、常会は毎年の予算を審議する便宜を図るものである。
ゆえに冬季に開会するのを通例である。
そして常会のほか、臨時緊急の必要があるときは、特例に勅命を発して臨時会を召集する。

 

臨時会の会期は、憲法では限定しない。
そして、臨時召集する勅命の定めるところに従う。
また、その必要かによって決めるものである。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る