憲法義解〜第六章

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

憲法義解〜第六章 合計

 

 

口語訳

会計は国家の歳出歳入を整理する所の行政の要部にして、臣民の生計と密接の関連を為す者なり。
故に、憲法は殊に之を慎重して帝国議会の協賛及び監督の権限を明確にする。

 

 

現代語訳

会計は国家の歳出歳入を整理する行政の要の部分であり、臣民の生計と密接に関連をするものである。
ゆえに、憲法はとくにこれを慎重に規定し、帝国議会の協賛及び監督の権限を明確にする。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る