軽量級と蔑まれることがあった真砂靖氏、その実態はどうだったのか

 

財務省

勝栄次郎氏の辞任に伴って就任した真砂靖氏は、軽量級と蔑まれることがありました。

 

ここでは、真砂靖氏とはどういう人物なのかをご紹介します。

 

 

 

 

真砂靖氏とは

経歴

真砂靖氏は、「まなご やすし」という名前です。

 

平成元(1989)年に、東大法学部を卒業し、旧大蔵省に入省しました。
東大在学中に司法試験に合格した秀才で、大蔵省に入省してからも「法律実務に長けている」という評判がありました。

 

主計局法規課で法案作成に携わった経験もあります。

 

財務省主計局長

平成22(2010)年に主計局長に就任します。

 

勝栄次郎氏が財務事務次官になった時には、腹心とまで言われていました。
その理由は、勝栄次郎氏が昭和50年入省で2年間、財務事務次官に就いていたことで、昭和51年と昭和52年入省の財務事務次官就任の芽を潰されてしまったからです。

 

 

財務事務次官就任

人事

平成24(2012)年に勝栄次郎氏が辞任して、財務事務次官に就任します。

 

主計局長の時に勝栄次郎氏の腹心とまで言われていましたが、本当にそうだったのかは財務事務次官になった時の人事で見ることができます。

 

まず関税局長が、経済産業省との「局長級交換人事」の対象として経済産業省の局長が就いていましたが、それを財務省に戻しました。
そこに就任したのが、同期の稲垣光隆氏です。

 

稲垣氏は、勝栄次郎人事において斎藤次郎氏の女婿で増税反対に回った小沢一郎氏と組んだことで、財務総合政策研究所の所長になりました。

 

財務総合政策研究所は、出世コースから外れた閑職ともいわれます。
そこから本省に戻り、その後国税庁長官に就いています。

 

また財務事務次官は退任後、天下り先が決まるまで、財務省顧問に就くことが慣例となっています。
財務省顧問になると用意されているものが、顧問用の個室、秘書、車です。

 

真砂靖財務事務次官が、勝栄次郎氏に対して顧問職を降りてもらったと言われています。

 

特例公債法を政争の具にさせない

これまで内閣が1年で潰れることが多くありましたが、その原因は衆参ねじれ状態で特例公債法案つまり予算関連法案が政争の具にされていました。

 

成立することで退陣するという流れです。
これを政争の具にされることで、行政がマヒすることになります。

 

ちなみにイギリスでは、予算と予算関連法案は、同義と捉えて参議院が反対しない習律があります。

 

野田政権において、参議院通常国会で廃案になってしまった特例公債法案が、臨時国会で成立します。

 

この特例公債法案は、平成27(2015)年度までの3年間まかなえるようにしました。
一方で、平成24(2012)年度の補正予算は、歳出の見直しと公債発行額を抑制するという文言も加えています。

 

ここで特例公債法を政争の具にさせないために特例公債法の附則条項に入れて対応しました。

 

元々、予算案は単年度で作られています。
ちなみに複数年度予算案の構想を大蔵省で打ち出したことがありましたが、憲法違反として退けられたことがあります。
そして特例公債法案も単年度で作られる法律案になります。

 

特例公債法案成立後、野田首相によって衆議院が解散されます。
第46回衆議院議員総選挙が実施され、自民党が圧勝し、民主党は壊滅的な敗北となって、第2次安倍政権が誕生しました。

 

 

真砂靖氏 経歴

役職
昭和53(1978)年 東京大学法学部卒業

大蔵省(現財務省)入省

平成10(1998)年 大蔵省主税局税制第三課長
平成11(1999)年 大蔵省主税局税制第二課長
平成13(2001)年 財務省主計局主計官(農林水産係担当)
平成15(2003)年 財務省主計局総務課長
平成16(2004)年 財務省大臣官房参事官(大臣官房担当)
平成17(2005)年 財務省大臣官房参事官(大臣官房担当)兼財務相大臣官房文書課長
平成18(2006)年 財務省主計局次長
平成21(2009)年 財務省大臣官房長
平成22(2010)年 財務省主計局長
平成24(2012)年 財務省財務事務次官
平成25(2013)年 退官

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

特例公債法案を政争の具にさせないために成立させたことや財務事務次官の人事を見るに、調整型の人物と見ることが出来ます。

 

そもそも政党問わず衆参ねじれ状態で特例公債法案を政争の具にして、行政をマヒさせるやり方自体は、国家を代表する政治家としてはいかがなものかと思います。

 

しかも官僚が政争の具にさせないようにすることも疑問です。
本来ここは、政治家の良識が働くべきだと思う政局といえます。


 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

昭和12年学会
ページの先頭へ戻る