日本の憲法典

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

はじめに

 

明治になって、ヨーロッパの価値観が流入することになり、日本は近代憲法典を作るために奔走します。

 

近代憲法典を作るために、五箇条の御誓文を始め、様々な改革を試みることになりますが、中々上手くいきません。
しかし、憲法とはその国の歴史を成文化したものであることを知ったことで、日本の歴史に即した憲法典を作ることに成功しました。

 

その後、大日本帝国憲法を運用することになりますが、第2次世界大戦の敗戦によって日本国憲法が成立します。

 

このページでは、明治において制定された大日本帝国憲法、戦後に制定された日本国憲法について、様々な側面から解説していますので、理解を深めてみて下さい。

 

明治において成文化された憲法

 

伊藤博文が書いた大日本帝国憲法の解釈書、憲法義解を読んでみよう

 

伊藤博文が書いた憲法義解を口語訳で紹介しています。

 

この記事を読む

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る