登極令

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

登極令

明治四十二年二月十一日皇室令第一号

 

第一条 天皇践祚の時は即ち掌典長をして賢所に祭典を行はしめ且践祚の旨を皇霊殿神殿に奉告せしむ

 

第二条 天皇践祚の後は直に元号を改む
2 元号は枢密顧問に諮詢したる後之を勅定す

 

第三条 元号は詔書を以て之を公布す

 

第四条 即位の礼及大嘗祭は秋冬の間に於て之を行ふ
2 大嘗祭は即位の礼を訖りたる後続て之を行ふ

 

第五条 即位の礼及大嘗祭を行ふときは其の事務を掌理せしむる為宮中に大礼使を置く

 

第六条 即位の礼及大嘗祭を行ふ期日は宮内大臣国務各大臣の連署を以て之を公告す

 

第七条 即位の礼及大嘗祭を行ふ期日定まりたるときは之を賢所皇霊殿神殿に奉告し勅使をして神宮神武天皇山陵並前帝四代の山陵に奉幣せしむ

 

第八条 大嘗祭の斎田は京都以東以南を悠紀の地方とし京都以西以北を主基の地方とし其の地方は之を勅定す

 

第九条 悠紀主基の地方を勅定したるときは宮内大臣は地方長官をして斎田を定め其の所有者に対し新穀を供納するの手続を為さしむ

 

第十条 稲実成熟の期至りたるときは勅使を発遣し斎田に就き抜穂の式を行はしむ

 

第十一条 即位の礼を行ふ期日に先たち天皇神器を奉し皇后と共に京都の皇宮に移御す

 

第十二条 即位の礼を行ふ当日勅使をして之を皇霊殿神殿に奉告せしむ
2 大嘗祭を行ふ当日勅使をして神宮皇霊殿神殿並官国幣社に奉幣せしむ

 

第十三条 大嘗祭を行ふ前一日鎮魂の式を行ふ

 

第十四条 即位の礼及大嘗祭は附式の定むる所に依り之を行ふ

 

第十五条 即位の礼及大嘗祭訖りたるときは大饗を賜ふ

 

第十六条 即位の礼及大嘗祭訖りたるときは天皇皇后と共に神宮神武天皇山陵並前帝四代の山陵に謁す

 

第十七条 即位の礼及大嘗祭訖りて東京の宮城に還幸したるときは天皇皇后と共に皇霊殿神殿に謁す

 

第十八条 諒闇中は即位の礼及大嘗祭を行はす

 

   附 式(略)

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る