皇統譜令(昭和時代)

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

皇統譜令(昭和時代)

昭和二十二年五月三日政令第一号
最終改正:昭和二十七年七月三十一日政令第三百五号

 

第一条 この政令に定めるものの外、皇統譜に関しては、当分の間、なお従前の例による。

 

第二条 皇統譜の副本は、法務省でこれを保管する。

 

第三条 左の各号に掲げる事項については、宮内庁長官が、法務大臣と協議して、これを行う。
 一 公布又は公告がない事項の登録
 二 皇統譜の登録又は附記に錯誤を発見した場合の訂正

 

第四条 皇室典範第三条の規定によつて、皇位継承の順序を変えたときは、その年月日を皇嗣であつた親王又は王の欄に登録し、事由を附記しなければならない。

 

第五条 皇室典範第十一条から第十四条までの規定によつて、親王、内親王、王又は女王が、皇族の身分を離れたときは、その年月日を当該親王、内親王、王又は女王の欄に登録し、事由及び氏名を附記しなければならない。

 

第六条 皇統譜は、内閣総理大臣の承認を得た場合の外、これを尚蔵の部局外に持ち出してはならない。

 

   附 則
1 この政令は、公布の日から、これを施行する。
2 従前の規定による皇統譜は、この政令によつて調製したものとみなす。
3 従前の皇統譜に関し、宮内大臣が行つた職権は、この政令の規定による皇統譜については、宮内庁長官が、これを行うものとする。

 

   附 則(昭和二十四年五月三十一日政令第百二十七号)

 

この政令は、昭和二十四年六月一日から施行する。

 

   附 則(昭和二十七年七月三十一日政令第三百五号)

 

この政令は、昭和二十七年八月一日から施行する。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る