皇室典範義解〜第十三条

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

皇室典範義解〜第十三条

第十三条 天皇及皇太子皇太孫は満十八年を以て成年とす
(天皇、皇太子及び皇太孫は、満十八歳で成年とする)

 

 

口語訳

恭て按ずるに、中古以来、天皇元服の制を設けられる。
大抵十一歳より十五歳に至り、元服を行われたり。
明治九年、民法上の丁年を定めて満二十歳とする。
本条天皇及び皇太子、皇太孫の為に成年を定めて十八年としたるは天皇及び皇嗣は神器の重に当たり尋常適法の拘る所に非ざればなり。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る