皇室典範義解〜第三十二条

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

伊藤博文の皇室典範義解〜第三十二条〜

第三十二条 天皇支系より入て大統を承くるときは皇兄弟姉妹の王女王たる者に特に親王内親王の號を宣賜す
(天皇が支系より入って大統を受け継いだ時は、天皇の皇兄弟姉妹の王及び王女はとくに親王及び内親王の号を宣賜する)

 

 

口語訳

恭て按ずるに、大宝令に「凡皇兄弟皇子皆為親王」とあり。
是れ皇兄弟は皇子と同じく親王と称うべきこと既に成典あるなり。
天皇支系より入って大統を承ければ皇兄弟姉妹は皆親王、内親王の尊号を得るは光仁天皇大統を継ぎ皇弟湯原王、榎井王を陞(のぼ)せて親王と為したまえるを以て始例とする。
前条の注に引く所、淳仁天皇兄弟姉妹の例、亦同じ。
本条に仍宣下の例を用いるは前条と其の義を異にすればなり。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る