皇室典範義解〜第五十五条

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

皇室典範義解〜第五十五条

第五十五条 皇族会議は成年以上の皇族男子を以て組織し内大臣枢密院議長宮内大臣司法大臣大審院長を以て参列せしむ
(皇族会議は、成年以上の皇族男子で組織し、内大臣、枢密院議長、宮内大臣、司法大臣及び大審院長を参列させる)

 

 

口語訳

恭て接ずるに、皇族会議は第一に皇室典範に係る改正の諮詢を受け、第二に第十九条第二項及び第二十五条の場合に於いて其の議を経るを要し、第三に皇嗣を換うる時に諮詢を受け、第四に皇族の懲戒及び治産処分の諮詢を受け、其の他皇室に係る重要の事件及び民法に於いて親族会議に係る事件の諮詢を受けるべし。
其の議事の規則の若きは蓋し、別に之を定められるべきなり。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る