皇室典範義解〜第五十八条〜

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

皇室典範義解〜第五十八条

第五十八条 皇位継承の順序は総て実系に依る現在皇養子皇猶子又は他の継嗣たるの故を以て之を混することなし
(皇位継承の順序は、すべて実系によるものとする。皇養子及び皇猶子又は他の継嗣であることをもって、これが混乱する事はない)

 

 

口語訳

恭て按ずるに、現在の親王家、親王宣下ありしは多くは皇養子、皇猶子たるの近例に従いしなり。
第四十二条は皇族養子の制を廃する。
而して、現在既に行える者に上及せず。
但し、皇位継承の順序は総て宗支遠近の実系に依り、養子、猶子の名称及び甲家の子乙家の継嗣たりしに拘らず、其の間多少紛錯あるも其の名に因って其の実を混することなかるべきなり。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る