君たるの道は、必ずすべからくまず百姓を存すべし

 

貞観政要の君道篇君道第一の「君たるの道は、必ずすべからくまず百姓を存すべし」の内容をご紹介します。

 

 

 

君たるの道は、必ずすべからくまず百姓を存すべし

全文

貞観の初め、太宗、侍臣(じしん)に謂いて曰く、
「君たるの道は、必ずすべからくまず百姓(ひゃくせい)を存すべし。
もし百姓を損じてもってその身に奉(ほう)ずれば、なお脛(はぎ)を割(さ)きてもって腹に啖(くら)わすがごとし。
腹飽(あ)きて身斃(たお)る。
もし天下を安んぜんとせば、必ずすべからくまずその身を正すべし。
いまだ身正しくして影曲り、上理(おさ)まりて下乱るる者は有らず。
朕(ちん)毎(つね)に思う、その身を傷(やぶ)る者は、外物にあらず。
皆嗜欲(しよく)によりて、もってその禍をなす、と。
もし滋味に耽(ふけ)り嗜(たしな)み、声色を玩(もてあそ)び悦べば、欲するところすでに多く、損ずるところまた大なり。
すでに政事を妨げ、また生人を擾(みだ)す。
かつまた一の非理の言を出(い)だせば、万姓これがために解体す。
怨(えん)とくすでに作(おこ)り、離叛もまた興る。
朕毎にこれを思い、あえて縦逸(しょういつ)せず」

 

諫議(かんぎ)大夫魏徴(ぎちょう)対(こた)えて曰く、
「古君(いにしえ)、聖哲の主はみなまた近くこれを身に取る。
故によく遠くこれを物に体す。昔、楚、・何(せんか)を聘(へい)し、その国を理むるの要を問う。
・何対うるに身を修むるの術をもってす。
楚王。また国を理むること何如(いかん)と問う。
・何曰く、「いまだ身理まりて国乱るる者を聞かず」と。
陛下の明らかにするところは、実(まこと)に古義に同じ」

 

内容

 

この記事で学べること

考えてほしいこと

いかがだったでしょうか。

 

この記事から考えてほしいことを質問します。

 

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る