論語

論語とは

論語「学而、為政、八?、里仁」

 

学而(がくじ)第一

学びて時に之を習う
其の人と為りや孝弟にして、上を犯すを好む者は鮮し
巧言令色、鮮し仁
吾日に三たび吾が身を省みる
千乗の国を道むるには、事を敬みて信あり
弟子、入りては則ち孝
賢を賢として色を易え
君子重からざれば則ち威あらず
終わりを慎しみ、遠きを追えば、民の徳厚きに帰せん
夫子の是の邦に至るや、必ず其の政を聞く
父在せば其の志を観、父没すれば其の行を観る
礼の用は和を貴しと為す
信、義に近ければ、言復むべきなり
君子は食に飽くことを求むる無く、居に安きを求むる無し
貧しくして諂うこと無く、富みて驕ること無きは、何如
人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患うるなり

 

為政(いせい)第二

政を為すに徳を以てす
詩三百、一言以て之を蔽えば、曰く、思い邪無し
之を道くに政を以てし、之を斉うるに刑を以てすれば、民免れて恥無し
吾十有五にして学に志す
違うこと無かれ
父母は唯其の疾を之憂う
今の孝は、是れ能く養うを謂う
色難し
吾、回と言うこと終日、違わざること愚なるがごとし
其の以てする所を視、其の由る所を観
故きを温ねて新しきを知れば、以て師為るべし
君子は器ならず
先ず其の言を行い、而る後に之に従う
君子は周して比せず。小人は比して周せず
学びで思わざれば則ち罔し
異端を攻むるは斯れ害あるのみ
由、女に之を知ることを誨えんか
禄を干むるを学ぶ
何を為さば則ち民服せん
民をして敬忠にして、以て勧ましむるには、之を如何せん
子奚ぞ政を為さざる
人にして信無くんば、其の可なるを知らざるなり
十世知るべきや
其の鬼に非ずして之を祭るは諂いなり

 

八?(はちいつ)第三

 

里仁(りじん)第四

 

論語「公冶長、雍也、述而、泰伯」

 

公冶長(こうやちょう)第五

 

雍也(ようや)第六

 

述而(じゅつじ)第七

 

泰伯(たいはく)第八

 

論語「公冶長、雍也、述而、泰伯」

 

子罕(しかん)第九

 

郷党(きょうとう)第十

 

先進(せんしん)第十一

 

顔淵(がんえん)第十二

 

論語「子路、憲問、衛霊公、季氏」

 

子路(しろ)第十三

 

憲問(けんもん)第十四

 

衛霊公(えいれいこう)第十五

 

季氏(きし)第十六

 

論語「陽貨、微子、子張、堯曰」

 

陽貨(ようか)第十七

 

微子(びし)第十八

 

子張(しちょう)第十九

 

堯曰(ぎょうえつ)第二十

 

論語記事一覧

dummy
学びて時に之を習う

論語の学而第一の「学びて時に之を習う」の内容をご紹介します。学びて時に之を習う全文子(し)曰く、学びて時に之を習う。亦(ま)た説(よろこ)ばしからずや。朋(とも)有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや。人知らずして慍(いきど)おらず、亦た君子ならずや。内容先生「学ぶことを続けて、復習するのは悦ばしいことです。突然、友人が遠いところから訪ねてきてくれるのは、嬉しいことです。世間に学びて時に之を習う。...

Read More
dummy
其の人と為りや孝弟にして、上を犯すを好む者は鮮し

論語の学而第一の「其の人と為りや孝弟にして、上を犯すを好む者は鮮し」の内容をご紹介します。其の人と為りや孝弟にして、上を犯すを好む者は鮮し全文有子(ゆうし)曰く、其の人と為りや孝弟(こうてい)にして、上(かみ)を犯すを好む者は鮮(すくな)し。上を犯すことを好まずして、乱を作(な)すを好む者は未だ之れ有らざるなり。君子は本を務む。本立ちて道生(しょう)ず。孝弟なる者は、其れ仁(じん)の本為(た)るか...

Read More
dummy
吾日に三たび吾が身を省みる

論語の学而第一の「吾日に三たび吾が身を省みる」の内容をご紹介します。吾日に三たび吾が身を省みる全文曾子(そうし)曰く、吾(われ)日に三(み)たび吾が身を省(かえり)みる。人の為に謀(はか)りて忠(ちゅう)ならざるか。朋友(ほうゆう)と交りて信(しん)ならざるか。習わざるを伝うるか。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
千乗の国を道むるには、事を敬みて信あり

論語の学而第一の「千乗の国を道むるには、事を敬みて信あり」の内容をご紹介します。千乗の国を道むるには、事を敬みて信あり全文子曰く、千乗(せんじょう)の国を道(おさ)むるには、事を敬(つつし)みて信あり、用(よう)を節(せっ)して人を愛し、民を使うに時を以す。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
弟子、入りては則ち孝

論語の学而第一の「弟子、入りては則ち孝」の内容をご紹介します。弟子、入りては則ち孝全文子曰く、弟子(ていし)、入りては則(すなわ)ち孝(こう)、出(い)でては則ち弟(てい)、謹(つつし)みて信あり、汎(ひろ)く衆を愛して仁に親しみ、行いて余力有らば、則ち以て文を学べ。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
賢を賢として色を易え

論語の学而第一の「賢を賢として色を易え」の内容をご紹介します。賢を賢として色を易え全文子夏(しか)曰く、賢(けん)を賢として色を易(か)え、父母に事(つか)えては能(よ)く其の力を竭(つく)し、君に事(つか)えて能く其の身を致し、朋友(ほうゆう)と交わり、言いて信有らば、未だ学ばずと曰(い)うと雖(いえど)も、吾は必ず之を学びたりと謂(い)わん。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだった...

Read More
dummy
君子重からざれば則ち威あらず

論語の学而第一の「君子重からざれば則ち威あらず」の内容をご紹介します。君子重からざれば則ち威あらず全文子曰く、君子重からざれば則ち威(い)あらず。学べば則ち固ならず。忠(ちゅう)信を主とし、己に如(し)かざる者を友とすること無かれ。過(あやま)ちては則ち改むるに憚(はば)かること勿(な)かれ。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
終わりを慎しみ、遠きを追えば、民の徳厚きに帰せん

論語の学而第一の「終わりを慎しみ、遠きを追えば、民の徳厚きに帰せん」の内容をご紹介します。終わりを慎しみ、遠きを追えば、民の徳厚きに帰せん全文曾子(そうし)曰く、終わりを慎しみ、遠きを追えば、民の徳厚きに帰せん。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
夫子の是の邦に至るや、必ず其の政を聞く

論語の学而第一の「夫子の是の邦に至るや、必ず其の政を聞く」の内容をご紹介します。夫子の是の邦に至るや、必ず其の政を聞く全文子禽(しきん)、子貢(しこう)に問いて曰く、夫子(ふうし)の是の邦(くに)に至るや、必ず其の政(まつりごと)を聞く。之を求めたるか、抑(そもそも)之を与えたるか。子貢曰く、夫子は温(おん)・良(りょう)・恭(きょう)・倹(けん)・譲(じょう)、以て之を得たり。夫子の之を求むるや...

Read More
dummy
父在せば其の志を観、父没すれば其の行を観る

論語の学而第一の「父在せば其の志を観、父没すれば其の行を観る」の内容をご紹介します。父在せば其の志を観、父没すれば其の行を観る全文子曰く、父在(いま)せば其の志を観、父没すれば其の行を観る。三年父の道を改むること無きは、孝と謂うべし。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
礼の用は和を貴しと為す

論語の学而第一の「礼の用は和を貴しと為す」の内容をご紹介します。礼の用は和を貴しと為す全文有子曰く、礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯(これ)を美と為す。小大之に由(よ)るも、行われざる所有り。和を知りて和するも、礼を以て之を節(せっ)せざれば、亦(ま)た行うべからざるなり。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
信、義に近ければ、言復むべきなり

論語の学而第一の「信、義に近ければ、言復むべきなり」の内容をご紹介します。信、義に近ければ、言復むべきなり全文有子曰く、信、義に近ければ、言(げん)復(ふ)むべきなり。恭(きょう)、礼に近ければ、恥辱に遠ざかる。因(よ)ること其の親(しん)を失わざれば、亦(ま)た宗(たっと)ぶべきなり。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
君子は食に飽くことを求むる無く、居に安きを求むる無し

論語の学而第一の「君子は食に飽くことを求むる無く、居に安きを求むる無し」の内容をご紹介します。君子は食に飽くことを求むる無く、居に安きを求むる無し全文子曰く、君子は食に飽(あ)くことを求むる無く、居(きょ)に安きを求むる無し。事に敏(びん)にして言(げん)に慎み、有道(ゆうどう)に就いて正(ただ)す。学を好むと謂うべきのみ。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事か...

Read More
dummy
貧しくして諂うこと無く、富みて驕ること無きは、何如

論語の学而第一の「貧しくして諂うこと無く、富みて驕ること無きは、何如」の内容をご紹介します。貧しくして諂うこと無く、富みて驕ること無きは、何如全文子貢(しこう)曰く、貧しくして諂(へつら)うこと無く、富(と)みて驕(おご)ること無きは、何如(いかん)。子曰く、可なり。未だ貧しくして楽しみ、富みて礼を好む者に若(し)かざるなり。子貢曰く、詩に云う、「切(せっ)するがごとく、磋(さ)するがごとく、琢(...

Read More
dummy
人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患うるなり

論語の学而第一の「人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患うるなり」の内容をご紹介します。人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患うるなり全文子曰く、人の己を知らざるを患(うれ)えず、人を知らざるを患うるなり。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
政を為すに徳を以てす

論語の為政第二の「政を為すに徳を以てす」の内容をご紹介します。政を為すに徳を以てす全文子曰く、政(まつりごと)を為すに徳を以てす。譬(たと)えば北辰(ほくしん)の其の所に居て、衆星(しゅうせい)の之に共(むか)うがごとし。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
詩三百、一言以て之を蔽えば、曰く、思い邪無し

論語の為政第二の「詩三百、一言以て之を蔽えば、曰く、思い邪無し」の内容をご紹介します。詩三百、一言以て之を蔽えば、曰く、思い邪無し全文子曰く、詩三百、一言(いちげん)以て之を蔽(おお)えば、曰く、思い邪(よこしま)無し。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
之を道くに政を以てし、之を斉うるに刑を以てすれば、民免れて恥無し

論語の為政第二の「之を道くに政を以てし、之を斉うるに刑を以てすれば、民免れて恥無し」の内容をご紹介します。之を道くに政を以てし、之を斉うるに刑を以てすれば、民免れて恥無し全文子曰く、之を道(みちび)くに政(まつりごと)を以てし、之を斉(ととの)うるに刑を以てすれば、民免れて恥無し。之を道くに徳を以てし、之を斉うるに礼を以てすれば、恥有りて且つ格(ただ)し。内容この記事で学べること考えてほしいことい...

Read More
dummy
吾十有五にして学に志す

論語の為政第二の「吾十有五にして学に志す」の内容をご紹介します。之を道くに政を以てし、之を斉うるに刑を以てすれば、民免れて恥無し全文子曰く、吾十有五(じゅうゆうご)にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(したが)う。七十にして心の欲する所に従いて、矩(のり)を踰(こ)えず。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考...

Read More
dummy
違うこと無かれ

論語の為政第二の「違うこと無かれ」の内容をご紹介します。違うこと無かれ全文孟懿子(もういし)、孝を問う。子曰く、違(たが)うこと無かれ、と。樊遅(はんち)御(ぎょ)たり。子之に告げて曰く、孟孫(もうそん)、孝を我に問う。我対(こた)えて曰く、違うこと無かれ、と。樊遲曰く、何の謂(いい)ぞや、と。子曰く、生きては之に事(つか)うるに礼を以てし、死しては之を葬むるに礼を以てし、之を祭るに礼を以てす。内...

Read More
dummy
今の孝は、是れ能く養うを謂う

論語の為政第二の「今の孝は、是れ能く養うを謂う」の内容をご紹介します。今の孝は、是れ能く養うを謂う全文子游(しゆう)、孝を問う。子曰く、今の孝は、是れ能(よ)く養うを謂う。犬馬(けんば)に至るまで、皆能く養うこと有り。敬(けい)せずんば、何を以て別(わか)たんや。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
色難し

論語の為政第二の「色難し」の内容をご紹介します。色難し全文子夏(しか)、孝を問う。子曰く、色難(かた)し。事有れば、弟子(ていし)其の労に服し、酒食(しゅし)有れば、先生に饌(せん)す。曾(すなわ)ち是を以て孝と為さんや。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
吾、回と言うこと終日、違わざること愚なるがごとし

論語の為政第二の「吾、回と言うこと終日、違わざること愚なるがごとし」の内容をご紹介します。吾、回と言うこと終日、違わざること愚なるがごとし全文子曰く、吾、回(かい)と言うこと終日、違(たが)わざること愚(ぐ)なるがごとし。退(しりぞ)きて其の私を省みれば、亦(また)以て発するに足る。回や愚ならず。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問しま...

Read More
dummy
其の以てする所を視、其の由る所を観

論語の為政第二の「其の以てする所を視、其の由る所を観」の内容をご紹介します。其の以てする所を視、其の由る所を観全文子曰く、其の以てする所を視(み)、其の由る所を観(み)、其の安んずる所を察すれば、人焉(いずく)んぞ?(かく)さんや、人焉んぞ?さんや。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
故きを温ねて新しきを知れば、以て師為るべし

論語の為政第二の「故きを温ねて新しきを知れば、以て師為るべし」の内容をご紹介します。故きを温ねて新しきを知れば、以て師為るべし全文子曰く、故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知れば、以て師為るべし。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
先ず其の言を行い、而る後に之に従う

論語の為政第二の「先ず其の言を行い、而る後に之に従う」の内容をご紹介します。先ず其の言を行い、而る後に之に従う全文子貢(しこう)、君子を問う。子曰く、先(ま)ず其の言を行い、而(しか)る後に之に従う。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
由、女に之を知ることを誨えんか

論語の為政第二の「由、女に之を知ることを誨えんか」の内容をご紹介します。由、女に之を知ることを誨えんか全文子曰く、由(ゆう)、女(なんじ)に之を知ることを誨(おし)えんか。之を知るを之を知ると為し、知らざるを知らずと為す。是知るなり。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
禄を干むるを学ぶ

論語の為政第二の「禄を干むるを学ぶ」の内容をご紹介します。禄を干むるを学ぶ全文子張(しちょう)、禄(ろく)を干(もと)むるを学ぶ。子曰く、多く聞きて疑わしきを闕(か)き、慎みて其の余りを言えば尤(とが)め寡(すく)なし。多く見て殆(あやう)きを闕き、慎みて其の余りを行えば悔い寡なし。言に尤め寡なく、行いに悔い寡なければ、禄其の中(うち)に在り。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったで...

Read More
dummy
何を為さば則ち民服せん

論語の為政第二の「何を為さば則ち民服せん」の内容をご紹介します。何を為さば則ち民服せん全文哀公(あいこう)問うて曰く、何を為さば則ち民服せん。孔子対(こた)えて曰く、直(なお)きを挙げて諸(これ)を枉(まが)れるに錯(お)けば、民服せん。枉れるを挙げて諸を直きに錯けば、則ち民服せず。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
dummy
民をして敬忠にして、以て勧ましむるには、之を如何せん

論語の為政第二の「民をして敬忠にして、以て勧ましむるには、之を如何せん」の内容をご紹介します。民をして敬忠にして、以て勧ましむるには、之を如何せん全文季康子(きこうし)問う。民をして敬忠にして、以て勧ましむるには、之を如何せん。子曰く、之に臨むに荘(そう)を以てすれば則ち敬(けい)、孝慈(こうじ)なれば則ち忠(ちゅう)、善を挙げて不能を教うれば勧む。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだ...

Read More
dummy
子奚ぞ政を為さざる

論語の為政第二の「子奚ぞ政を為さざる」の内容をご紹介します。子奚ぞ政を為さざる全文或(ある)ひと孔子に謂いて曰く、子奚(なん)ぞ政(まつりごと)を為さざる。子曰く、書に云う、孝なるか惟(こ)れ孝、兄弟(けいてい)に友(ゆう)なり、有政(ゆうせい)に施すと。是れ亦政を為すなり。奚ぞ其れ政を為すことを為さん。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを...

Read More
dummy
人にして信無くんば、其の可なるを知らざるなり

論語の為政第二の「人にして信無くんば、其の可なるを知らざるなり」の内容をご紹介します。人にして信無くんば、其の可なるを知らざるなり全文子曰く、人にして信無くんば、其の可なるを知らざるなり。大車(たいしゃ)に?(げい)無く、小車(しょうしゃ)にイ(げつ)無くんば、其れ何を以てか之を行(や)らんや。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します...

Read More
dummy
十世知るべきや

論語の為政第二の「十世知るべきや」の内容をご紹介します。十世知るべきや全文子張(しちょう)問う、十世(じゅっせい)知るべきや。子曰く、殷は夏の礼に因(よ)る。損益する所知るべきなり。周は殷の礼に因る。損益する所知るべきなり。其れ或(ある)いは周に継ぐ者は、百世(ひゃくせい)と雖(いえど)も知るべきなり。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質...

Read More
dummy
其の鬼に非ずして之を祭るは諂いなり

論語の為政第二の「其の鬼に非ずして之を祭るは諂いなり」の内容をご紹介します。其の鬼に非ずして之を祭るは諂いなり全文子曰く、其の鬼(き)に非ずして之を祭るは諂(へつら)いなり。義を見て為さざるは勇(ゆう)無きなり。内容この記事で学べること考えてほしいこといかがだったでしょうか。この記事から考えてほしいことを質問します。

Read More
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る