学びて時に之を習う

 

論語の学而第一の「学びて時に之を習う」の内容をご紹介します。

 

 

 

学びて時に之を習う

全文

子(し)曰く、学びて時に之を習う。
亦(ま)た説(よろこ)ばしからずや。
朋(とも)有り、遠方より来たる。
亦た楽しからずや。
人知らずして慍(いきど)おらず、亦た君子ならずや。

 

内容

先生「学ぶことを続けて、復習するのは悦ばしいことです。
突然、友人が遠いところから訪ねてきてくれるのは、嬉しいことです。
世間に

 

学びて時に之を習う。亦(ま)た説(よろこ)ばしからずや。
学ぶことを続けることを

 

この記事で学べること

考えてほしいこと

いかがだったでしょうか。

 

この記事から考えてほしいことを質問します。

 

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る