礼の用は和を貴しと為す

 

論語の学而第一の「礼の用は和を貴しと為す」の内容をご紹介します。

 

 

 

礼の用は和を貴しと為す

全文

有子曰く、礼の用は和を貴しと為す。
先王の道も斯(これ)を美と為す。
小大之に由(よ)るも、行われざる所有り。
和を知りて和するも、礼を以て之を節(せっ)せざれば、亦(ま)た行うべからざるなり。

 

内容

 

この記事で学べること

考えてほしいこと

いかがだったでしょうか。

 

この記事から考えてほしいことを質問します。

 

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る