吾十有五にして学に志す

 

論語の為政第二の「吾十有五にして学に志す」の内容をご紹介します。

 

 

 

之を道くに政を以てし、之を斉うるに刑を以てすれば、民免れて恥無し

全文

子曰く、吾十有五(じゅうゆうご)にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順(したが)う。
七十にして心の欲する所に従いて、矩(のり)を踰(こ)えず。

 

内容

 

この記事で学べること

考えてほしいこと

いかがだったでしょうか。

 

この記事から考えてほしいことを質問します。

 

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る