天皇

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

皇室法

はじめに

 

明治になり、今まで慣習法として運用されていた皇室の法が成文化されることになりました。

 

そして明治において制定された皇室典範は、大日本帝国憲法と相互不可侵の関係としています。
これを、典憲体制といいます。

 

しかし、戦後において制定された皇室典範は、日本国憲法の下位法となりました。

 

このページでは、明治において制定された皇室典範をはじめとする皇室法そして現在まで存在している皇室法について、様々な側面から解説していますので、理解を深めてみて下さい。

 

明治において成文化された皇室の家法

 

まずは、明治において制定された皇室法とは何かを抑えておきましょう。

 

皇室典範

 

この記事を読む

 

伊藤博文が書いた皇室典範の解釈書、皇室典範義解を読んでみよう

 

伊藤博文が書いた皇室典範義解を口語訳で紹介しています。

 

この記事を読む

 

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る