神話はウソ!?それとも意味がある!?皇統の根源がここにある

 

天照大神

はじめに

 

古事記や日本書紀を「記紀神話」といいます。
そして神話は、日本民族としての確信や日本の国柄を体現していたりします。

 

ここでは、記紀神話から皇統に関する先例をご紹介します。

 

 


 

皇統が始まる前について

 

混沌から天地開闢

古事記の始めは天地開闢となります。
しかしその前の序の部分で、混沌状態を次のように表現しています。

 

 混元既に凝りて、気象未だ效(あらわ)れず。名も無く爲(わざ)も無し。誰れかその形を知らむ

 

いわば混沌の中においてある瞬間によって天地が誕生しました。

 

天之御中主神・高御産巣日神・神産巣日神

古事記の始めにおいて、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)という高天原の主宰神が誕生し、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)と神産巣日神(かみむすひのかみ)という、生成力の神が誕生しました。

 

 天地(あめつち)初めて発(ひら)けし時、高天(たかま)の原に成れる神の名は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、次に高御産巣日神(たかみむすひのかみ)、次に神産巣日神(かみむすひのかみ)、この三柱の神は、みな独神(ひとりがみ)と成りまして、身を隠したまいき。

 

高天原という天において、天之御中主神、そして高御産巣日神と神産巣日神が「成る」と表現されています。
「成る」とは、無から生み出されたという意味です。

 

天之御中主神は、高天原の中心に存在する天地万物の神です。
そして高御産巣日神と神産巣日神の「産霊(むすひ)」は、生産や生成を意味する言葉となります。
そのため生成の神です。

 

ここで、おむすびという言葉がありますがこれは、産霊(むすひ)からきている言葉です。
おむすびとは、御結びといい、結ぶという言葉が日本人の考え方になります。

 

おむすびの作り方は掌(たなごころ)に塩を乗せ、両手に魂を乗せて握ることで、母親の想いが詰まることであり、子供を手塩にかけて育てるとはまさにこの意味になります。

 

伊邪那岐神・伊邪那美神

国之常立神(くにのとこたちのかみ)を初めとする神代七代が終わり、男性神の伊邪那岐命と女性神の伊邪那美命が誕生します。

 

そこでその二柱(ふたはしら)の神に、天つ神(あまつかみ)によって、修理固成の詔が出されます。

 

 ここに天(あま)つ神、諸(もろもろ)の命(みこと)もちて、伊邪那岐命、伊邪那美命二柱神(ふたはしらのかみ)に、『この漂える国を修め理(つく)り固(かた)め成せ。』と詔(の)りて、天の沼矛(あめのぬぼこ)を賜(たま)いて、言依(ことよ)さしたまいき。

 

これは国生み神話で、このときに八つの島で構成される大八島(おおやしま)が創られ、その後多くの神々が生まれる神生み神話に続いていきます。

 

修理固成(つくりかためなせ)」とは、「修理」は、作ると同じ意味で「固」が入ることで、言葉を重ねているもので、「成」は成し遂げるという意味になります。

 

「修理固(つくりかため)」の三字と「成」で、強固に作り成し遂げよという意味になります。

 

また「言依(ことよ)さしたまいき」という言葉は、「事」をその人に依任(よせまかせ)て、執り行う意味で、その国の政治をその人に依任という表現や日本書紀には勅任(ことよさす)というものもあります。

 

つまり委任するという意味になります。

 

皇統の始まり

 

天照大神・月夜見命・須佐之男命

黄泉の国から伊邪那岐命が帰って来て、神社の祓詞にも出てくる「筑紫(つくし)の日向(ひむか)の橘の小戸(おど)の阿波岐原(あわぎはら)」で禊(みそ)ぎを行いました。

 

その時に三柱の神として三貴子が誕生します。

 

 この時伊邪那岐命、大(いた)く歓喜(よろこ)びて詔(の)りたまいしく、『吾(あ)は子を生み生みて、生みの終(はて)に三はしらの貴(うづ)き子を得つ。』と詔りたまいて、すなわち御頸珠(みくびたま)の玉の緒(お)もゆらに取りゆらかして、天照大神(あまてらすおおみかみ)に賜いて詔りたまいしく、『汝命(いましみこと)は、高天原を知らせ。』と言依(ことよ)さして賜いき。

 

三貴子(みはしらのうづのみこ)とは、天照大神月読命(つくよみのみこと)建速須佐之男命(たけはやすすさのおのみこと)のことです。

 

天照大神は日の神として、月読命は月の神として、須佐之男命は海の神としてそれぞれの場所を知ろしめす神となりました。
それは伊邪那岐命が言依さす、つまり統治を委任されたものとしています。

 

「知ろしめす」とは、シラスと意味は同じであり、人々の知らせを聞いて治めるつまり統治という意味です。

 

天照大神

三貴子が誕生した後の話は、天照大神に関する神話になります。

 

天照大神は弟神の須佐之男命の暴虐に耐えていましたが、神殿を犯すに及び、『見畏みて、天の岩屋戸を開きてさし籠りましき』とあります。

 

高天原が暗くなり、葦原の中つ国も暗くなってしまい、あらゆる災いが起こる大事件となりました。

 

その中で統治者である天照大神不在の中で、他の神々が天安河原で話し合いを行います。

 

 八百万の神は、天の安の河原に、神集いて、高御産巣日神の子、思金の神に思はしめて

 

神々の話し合いの末、天照大神を迎える祭祀を行います。
その後天照大神が岩屋戸から出てくることになります。

 

ここで現在の三種の神器といわれる、八咫鏡(やたのかがみ)を伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)が作り、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を玉祖命(たまのやのみこと)が作りました。

 

また次の神話において、須佐之男命が八岐大蛇を退治したときに尻尾から出てきた天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)これを草薙剣とも言いますが、これらを三種の神器といい、皇位の正統性を表すものとされています。

 

その後、高天原から須佐之男命を追放する際にも、「八百万の神共に議り」決定されます。
ここで表現しているのは、神々同士で話し合い、それによって決定する姿勢が度々出てくることになります。

 

天忍穂耳命

葦原の中つ国は出雲を中心に大国主神が支配していました。

 

大国主神の若い頃の名前は大穴牟遲神(おおなむちのみこと)で、数々の試練を乗り越え最後には、その名が示すとおり大いなる国の主(ぬし)になりました。

 

この「支配」とは「ウシハク」といいます。

 

 天照大御神、高木神の命以ちて、問いに使わせり。汝が宇志波祁流(うしはける)葦原中国は、我(あ)が御子の知らさむ国と言依(ことよ)さし賜いき。故、汝が心は奈何(いかに)。

 

その語源は、ウシは主人、ハクは身に着けるという意味で、主人が身に着けることから、物や家畜のような意味となります。

 

「ウシハク」に対して「統治」を指す言葉として「知らさむ」と表されています。

 

これは人々の知らせを聞いて統治することから、「シラス」といいます。

 

 豊葦原の千秋長五百秋(ちあきのながいほあき)の水穂国は、我が御子、正勝吾勝勝速日(まさかつあかつかちはやひ)天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)の知らす国ぞ

 

古事記においては、そもそも葦原の中つ国は誰が統治するかについて、天照大神が神勅を出しています。

 

神勅とは、神の勅つまり命令です。

 

天照大神が天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)に「言依さす」。
つまり統治の委任をしています。

 

そこで天忍穂耳命が天の浮橋で立って見下ろすと、葦原の中つ国がひどく乱れていることがわかりました。

 

そこで八百万の神を天の安の河原に集め、葦原の中つ国の「道速振(ちはやぶ)る荒振る国つ神」を「言趣(ことむ)け」る、つまり説得する(転じて平定の意)ため、誰を遣わしたらいいか提案しています。

 

その後、大国主神によって国譲りがなされることになりました。

 

邇邇芸命

天孫降臨は、天忍穂耳命の子である邇邇芸命、つまり天照大神の孫、これを皇孫と書いてスメミマといいます。

 

その邇邇芸命を始め天児屋命(あめのこやねのみこと)、布刀玉命(ふとだまのみこと)、天宇受売命(あめのうずめのみこと)、伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)、玉祖命(たまのおやのみこと)が共に天降ることになりました。

 

この五人の神である五伴緒(いつとものお)は、有力氏族の祖神にあたり、天児屋命は中臣連(なかとみのむらじ)、布刀玉命は忌部首(いむべのおびと)、天宇受売命は猿女君(さるめのきみ)、伊斯許理度売命は作鏡連(かがみつくりのむらじ)、玉祖命は玉祖連(たまのおやのむらじ)です。

 

天孫降臨に際して天照大神は、天壌無窮の神勅を出します。

 

これは、天照大神から続く皇孫が統治していくこと、そして天安河原で神々の合議が度々ありますが、君主と民が共同で治める君民共治を表しています。

 

続いて、宝鏡奉斎の神勅です。

 

これは、天岩屋に出てきた、八咫鏡を天照大神だと思って祀りなさいという内容です。
八咫鏡の他に、同じく天の岩屋に出てきた八尺瓊勾玉そして八岐大蛇を退治した時に出てきた天叢雲剣は天皇が即位する際に、これら玉・鏡・剣の三種神器を承けることが皇位継承の証とされています。

 

続いて、斎庭稲穂の神勅です。

 

これは、日本が農耕民族を表していることや、意味としては、その稲穂を育てて、民を養いなさいという内容です。
現在でも皇居の中に田んぼがあり、稲を植え、育てており、そして十一月の新嘗祭で、神前に捧げる儀式を行っています。

 

これらを三大神勅と呼びます。

 

次に古事記に出てくるもので、天照大神の神勅として思金神(おもいかねのかみ)に出します。
思金神に対して出した神勅は、朝廷の政事を行うように言われました。

 

 次に思金神は、前の事を取り持ちて、政(まつりごと)せよ

 

このことから、政事は皇孫ではなく、他のものが行うようにすることを読み取ることが出来ます。

 

この記事で学べること

 

いかがだったでしょうか。

 

神話から始まる皇統とは、天照大神から始まり、連綿と続いていくことになります。

 

古事記や日本書紀の神話部分は、歴史的な事実に基づかずフィクションの要素は強いものです。

 

しかし神話には、民族としての確信があることやそこにある内容が日本人らしさがあることから取り上げています。

 

この記事のおすすめ本

古事記改版(岩波文庫)(倉野 憲司)

現代語古事記 ポケット版(竹田 恒泰)

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る