日本の歴史に一貫して存在する天皇、歴代天皇の一覧

神代

 

天照大神(あまてらすおおみかみ)
天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
火折尊(ほおりのみこと)
??草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)

 

歴代天皇

 

伝承

第一代 神武(じんむ)天皇:前660〜585年
第二代 綏靖(すいぜい)天皇:前581〜549年
第三代 安寧(あんねい)天皇:前549〜511年
第四代 懿徳(いとく)天皇:前511〜477年
第五代 孝昭(こうしょう)天皇:前475〜393年
第六代 孝安(こうあん)天皇:前392〜291年
第七代 孝霊(こうれい)天皇:前290〜215年
第八代 孝元(こうげん)天皇:前214〜158年
第九代 開化(かいか)天皇:前158〜98年
第十代 崇神(すじん)天皇:前97〜30年
第十一代 垂仁(すいにん)天皇:前29〜後70年
第十二代 景行(けいこう)天皇:71〜130年
第十三代 成務(せいむ)天皇:131〜190年
第十四代 仲哀(ちゅうあい)天皇:192〜200年

 

古墳時代の天皇

第十五代 応神(おうじん)天皇:270〜310年
第十六代 仁徳(にんとく)天皇:313〜399年
第十七代 履中(りちゅう)天皇:400〜405年
第十八代 反正(はんぜい)天皇:406〜410年
第十九代 允恭(いんぎょう)天皇:412〜453年
第二十代 安康(あんこう)天皇:453〜456年
第二十一代 雄略(ゆうりゃく)天皇:456〜479年
第二十二代 清寧(せいねい)天皇:480〜484年
第二十三代 顕宗(けんぞう)天皇:485〜487年
第二十四代 仁賢(にんけん)天皇:488〜498年
第二十五代 武烈(ぶれつ)天皇:498〜506年
第二十六代 継体(けいたい)天皇:507〜531年
第二十七代 安閑(あんかん)天皇:531〜535年
第二十八代 宣化(せんか)天皇:535〜539年
第二十九代 欽明(きんめい)天皇:539〜571年
第三十代 敏達(びだつ)天皇:572〜585年
第三十一代 用明(ようめい)天皇:585〜587年
第三十二代 崇峻(すしゅん)天皇:587〜592年

 

飛鳥時代の天皇

第三十三代 推古(すいこ)天皇:592〜628年
第三十四代 舒明(じょめい)天皇:629〜641年
第三十五代 皇極(こうぎょく)天皇:642〜645年
第三十六代 孝徳(こうとく)天皇:645〜654年
第三十七代 斉明(さいめい)天皇:655〜661年
第三十八代 天智(てんじ)天皇:661〜668年(称制)、668〜671年
第三十九代 弘文(こうぶん)天皇:671〜672年
第四十代 天武(てんむ)天皇:673〜686年
第四十一代 持統(じとう)天皇:686〜689年(称制)、690〜697年
第四十二代 文武(もんむ)天皇:697〜707年

 

奈良時代の天皇

第四十三代 元明(げんめい)天皇:707〜715年
第四十四代 元正(げんしょう)天皇:715〜724年
第四十五代 聖武(しょうむ)天皇:724〜749年
第四十六代 孝謙(こうけん)天皇:749〜758年
第四十七代 淳仁(じゅんにん)天皇:758〜764年
第四十八代 称徳(しょうとく)天皇:764〜770年
第四十九代 光仁(こうにん)天皇:770〜781年

 

平安時代の天皇

第五十代 桓武(かんむ)天皇:781〜806年、柏原天皇ともいいます。
第五十一代 平城(へいぜい)天皇:806〜809年、奈良天皇ともいいます。
第五十二代 嵯峨(さが)天皇:809〜823年
第五十三代 淳和(じゅんな)天皇:823〜833年
第五十四代 仁明(にんみょう)天皇:833〜850年、深草天皇ともいいます。
第五十五代 文徳(もんとく)天皇:850〜858年
第五十六代 清和(せいわ)天皇:858〜876年、水尾天皇ともいいます。
第五十七代 陽成(ようぜい)天皇:876〜884年
第五十八代 光孝(こうこう)天皇:884〜887年、小松天皇ともいいます。
第五十九代 宇多(うだ)天皇:887〜897年
第六十代 醍醐(だいご)天皇:897〜930年
第六十一代 朱雀(すざく)天皇:930〜946年
第六十二代 村上(むらかみ)天皇:946〜967年
第六十三代 冷泉(れいぜい)天皇:967〜969年
第六十四代 円融(えんゆう)天皇:969〜984年
第六十五代 花山(かざん)天皇:984〜986年
第六十六代 一条(いちじょう)天皇:986〜1011年
第六十七代 三条(さんじょう)天皇:1011〜1016年
第六十八代 後一条(ごいちじょう)天皇:1016〜1036年
第六十九代 後朱雀(ごすざく)天皇:1036〜1045年
第七十代 後冷泉(ごれいぜい)天皇:1045〜1068年
第七十一代 後三条(ごさんじょう)天皇:1068〜1072年
第七十二代 白河(しらかわ)天皇:1072〜1086年
第七十三代 堀河(ほりかわ)天皇:1086〜1107年
第七十四代 鳥羽(とば)天皇:1107〜1123年
第七十五代 崇徳(すとく)天皇:1123〜1141年
第七十六代 近衛(このえ)天皇:1141〜1155年
第七十七代 後白河(ごしらかわ)天皇:1155〜1158年
第七十八代 二条(にじょう)天皇:1158〜1165年
第七十九代 六条(ろくじょう)天皇:1165〜1168年
第八十代 高倉(たかくら)天皇:1168〜1180年
第八十一代 安徳(あんとく)天皇:1180〜1185年

 

鎌倉時代の天皇

第八十二代 後鳥羽(ごとば)天皇:1183〜1198年
第八十三代 土御門(つちみかど)天皇:1198〜1210年
第八十四代 順徳(じゅんとく)天皇:1210〜1221年
第八十五代 仲恭(ちゅうきょう)天皇:1221年
第八十六代 後堀河(ごほりかわ)天皇:1221〜1232年
第八十七代 四条(しじょう)天皇:1232〜1242年
第八十八代 後嵯峨(ごさが)天皇:1242〜1246年
第八十九代 後深草(ごふかくさ)天皇:1246〜1259年
第九十代 亀山(かめやま)天皇:1259〜1274年
第九十一代 後宇多(ごうだ)天皇:1274〜1287年
第九十二代 伏見(ふしみ)天皇:1287〜1298年
第九十三代 後伏見(ごふしみ)天皇:1298〜1301年
第九十四代 後二条(ごにじょう)天皇:1301〜1308年
第九十五代 花園(はなぞの)天皇:1308〜1318年

 

南北朝時代の天皇

南朝
第九十六代 後醍醐(ごだいご)天皇:1318〜1339年
第九十七代 後村上(ごむらかみ)天皇:1339〜1368年
第九十八代 長慶(ちょうけい)天皇:1368〜1383年
第九十九代 後亀山(ごかめやま)天皇:1383〜1392年

 

北朝
北朝初代 光厳(こうごん)天皇:1331〜1333年
北朝第二代 光明(こうみょう)天皇:1336〜1348年
北朝第三代 崇光(すこう)天皇:1348〜1351年
北朝第四代 後光厳(ごこうごん)天皇:1352〜1371年
北朝第五代 後円融(ごえんゆう)天皇:1371〜1382年
北朝第六代 後小松(ごこまつ)天皇:1382〜1392年

 

室町時代の天皇

第百代 後小松(ごこまつ)天皇:1392〜1412年
第百一代 称光(しょうこう)天皇:1412〜1428年
第百二代 後花園(ごはなぞの)天皇:1428〜1464年
第百三代 後土御門(ごつちみかど)天皇:1464〜1500年
第百四代 後柏原(ごかしわばら)天皇:1500〜1526年
第百五代 後奈良(ごなら)天皇:1526〜1557年

 

安土桃山時代の天皇

第百六代 正親町(おおぎまち)天皇:1557〜1586年
第百七代 後陽成(ごようぜい)天皇:1586〜1611年

 

江戸時代

第百八代 後水尾(ごみずのお)天皇:1611〜1629年
第百九代 明正(めいしょう)天皇:1629〜1643年
第百十代 後光明(ごこうみょう)天皇:1643〜1654年
第百十一代 後西(ごさい)天皇:1654〜1663年
第百十二代 霊元(れいげん)天皇:1663〜1687年
第百十三代 東山(ひがしやま)天皇:1687〜1709年
第百十四代 中御門(なかみかど)天皇:1709〜1735年
第百十五代 桜町(さくらまち)天皇:1735〜1747年
第百十六代 桃園(ももぞの)天皇:1747〜1762年
第百十七代 後桜町(ごさくらまち)天皇:1762〜1770年
第百十八代 後桃園(ごももぞの)天皇:1770〜1779年
第百十九代 光格(こうかく)天皇:1779〜1817年
第百二十代 仁孝(にんこう)天皇:1817〜1846年
第百二十一代 孝明(こうめい)天皇:1846〜1866年

 

明治時代の天皇

第百二十二代 明治(めいじ)天皇:1867〜1912年

 

大正時代の天皇

第百二十三代 大正(たいしょう)天皇:1912〜1926年

 

昭和時代の天皇

第百二十四代 昭和(しょうわ)天皇:1926〜1989年

 

平成時代の天皇

第百二十五代 太上天皇:1989〜2019年

 

令和時代の天皇

第百二十六代 今上(きんじょう)天皇:2019年〜

 

正統の天皇

 

正統(しょうとう)は世数で数えます。
そのため天皇ではないもので正統のいる皇族も世数で数えることになります。

 

第一世 神武(じんむ)天皇
第二世 綏靖(すいぜい)天皇
第三世 安寧(あんねい)天皇
第四世 懿徳(いとく)天皇
第五世 孝昭(こうしょう)天皇
第六世 孝安(こうあん)天皇
第七世 孝霊(こうれい)天皇
第八世 孝元(こうげん)天皇
第九世 開化(かいか)天皇
第十世 崇神(すじん)天皇
第十一世 垂仁(すいにん)天皇
第十二世 景行(けいこう)天皇
第十三世 日本武尊(やまとたけるのみこと)
第十四世 仲哀(ちゅうあい)天皇
第十五世 応神(おうじん)天皇
第十六世 稚野毛二派皇子(わかぬけふたまたのみこ)
第十七世 意富富杼王(おおほどのおう)
第十八世 乎非王(おいのおう)
第十九世 彦主人王(ひこうしのおう)
第二十世 継体(けいたい)天皇
第二十一世 欽明(きんめい)天皇
第二十二世 敏達(びだつ)天皇
第二十三世 押坂彦人大兄皇子(おしさかのひこひとのおおえのみこ)
第二十四世 舒明(じょめい)天皇
第二十五世 天智(てんじ)天皇
第二十六世 志貴皇子(しきのみこ)
第二十七世 光仁(こうにん)天皇
第二十八世 桓武(かんむ)天皇
第二十九世 嵯峨(さが)天皇
第三十世 仁明(にんみょう)天皇
第三十一世 光孝(こうこう)天皇
第三十二世 宇多(うだ)天皇
第三十三世 醍醐(だいご)天皇
第三十四世 村上(むらかみ)天皇
第三十五世 円融(えんゆう)天皇
第三十六世 一条(いちじょう)天皇
第三十七世 後朱雀(ごすざく)天皇
第三十八世 後三条(ごさんじょう)天皇
第三十九世 白河(しらかわ)天皇
第四十世 堀河(ほりかわ)天皇
第四十一世 鳥羽(とば)天皇
第四十二世 後白河(ごしらかわ)天皇
第四十三世 高倉(たかくら)天皇
第四十四世 後鳥羽(ごとば)天皇
第四十五世 土御門(つちみかど)天皇
第四十六世 後嵯峨(ごさが)天皇
第四十七世 後深草(ごふかくさ)天皇
第四十八世 伏見(ふしみ)天皇
第四十九世 後伏見(ごふしみ)天皇
第五十世 光厳(こうごん)天皇
第五十一世 崇光(すこう)天皇
第五十二世 伏見宮栄仁親王(ふしみのみやよしひとしんのう)
第五十三世 伏見宮貞成親王(ふしみのみやさだふさしんのう)、太上法皇としての院号は後崇光院です。
第五十四世 後花園(ごはなぞの)天皇
第五十五世 後土御門(ごつちみかど)天皇
第五十六世 後柏原(ごかしわばら)天皇
第五十七世 後奈良(ごなら)天皇
第五十八世 正親町(おおぎまち)天皇
第五十九世 誠仁親王(さねひとしんのう)、追号は陽光院です。
第六十世 後陽成(ごようぜい)天皇
第六十一世 後水尾(ごみずのお)天皇
第六十二世 霊元(れいげん)天皇
第六十三世 東山(ひがしやま)天皇
第六十四世 閑院宮直仁親王(かんいんのみやなおひとしんのう)
第六十五世 閑院宮典仁親王(かんいんのみやすけひとしんのう)、追号は慶光(きょうこう)天皇
第六十六世 光格(こうかく)天皇
第六十七世 仁孝(にんこう)天皇
第六十八世 孝明(こうめい)天皇
第六十九世 明治(めいじ)天皇
第七十世 大正(たいしょう)天皇
第七十一世 昭和(しょうわ)天皇
第七十二世 太上天皇
第七十三世 今上(きんじょう)天皇

 

廃帝

 

廃帝とは、太上天皇の尊号が贈られなかった天皇になります。

 

淡路廃帝

第四十七代 淳仁(じゅんにん)天皇

 

九条廃帝

第八十五代 仲恭(ちゅうきょう)天皇

 

重祚

 

重祚とは、一度譲位した天皇が再び即位することになります。

 

一度目の重祚

第三十五代 皇極(こうぎょく)天皇
第三十七代 斉明(さいめい)天皇

 

二度目の重祚

第四十六代 孝謙(こうけん)天皇
第四十八代 称徳(しょうとく)天皇

 

この記事で学べること

 

記事のまとめ

いかがだったでしょうか。

 

現在の歴代天皇は、126代123人が確定しています。

 

その中には天皇と認められなかった天皇がいましたが、明治になってから認められるようになりました。

 

またそれまで天皇と認められていた神功皇后は、大正時代になって外されています。

 

考えてほしいこと

この記事から考えてほしいことを質問します。

 

これからビジネスをする場合あるいはビジネスをしている場合において、他社ではマネができないものはありますか?
またそれはどのようなものですか?

 

この記事のおすすめ本

令和新修 歴代天皇・年号事典(米田 雄介)

歴代天皇総覧 皇位はどう継承されたか(中公新書)(笠原 英彦)

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る