日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

参考文献

当サイトで参考にしている資料になります。
知識を深めるためにも読んでみて下さい。

 

井上毅に関する文献

井上毅伝記編纂委員会編『井上毅伝 史料篇』(國學院大學図書館、1966-1977)全6巻

 

帝国憲法に関する文献

伊藤博文『憲法義解』(宮沢俊儀校注、岩波書店、1940)
伊藤博文編『憲法資料. 上巻』(金子堅太郎等校、憲法資料刊行会、1934)
伊藤博文編『憲法資料. 中巻』(金子堅太郎等校、憲法資料刊行会、1934)
伊藤博文編『憲法資料. 下巻』(金子堅太郎等校、憲法資料刊行会、1934)
佐々木惣一『日本憲法要論』(金刺芳流堂、1930)
佐々木惣一『帝国憲法改正ノ必要』(内大臣府御用掛 佐々木惣一奉答)
松本委員会『「憲法改正要綱」』(甲案)
松本委員会『「憲法改正案」』(乙案)
清水澄『帝国公法大意』(清水書店、1925)
清水澄『逐条帝国憲法講義』(松華堂、1930)
美濃部達吉『憲法講話』(有斐閣、1912)
美濃部達吉『憲法撮要』(有斐閣、1923)
美濃部達吉『逐条憲法精義』(有斐閣、1927)
美濃部達吉『日本国憲法原論』(有斐閣、1948)
上杉慎吉『新稿憲法述義』(有斐閣、1924)
清水伸『独墺に於ける伊藤博文の憲法取調と日本憲法』(岩波書店、1939)

鈴木安蔵『憲法の歴史的研究』(大畑書店、1933)
議会政治社編輯部編『日本憲政基礎史料』(議会政治社、1939)
山本謙次郎編『紀元節』(日本法律社、1889)
籾山邦季編『皇国の華 : 一名・憲法発布式実況』(三栄堂、1890)
大久保利通『明治六年大久保参議起草政体ニ関スル意見書』(伊藤博文関係文書書翰の部503、1873)
瀧井一博『文明史のなかの明治憲法―この国のかたちと西洋体験』(講談社選書メチエ、2003)
金子堅太郎『帝国憲法制定の精神・欧米各国学者政治家の評論』(東京日日新聞発行所他、1935)
里見岸雄『日本国の憲法 特に天皇問題を中心として』(錦正社、1962)
里見岸雄『帝国憲法の国体的法理』(日本法理研究会、1941)
スタイン『須多因氏講義』(宮内省、1889)

 

日本国憲法に関する文献

宮沢俊儀『コンメンタール全訂日本国憲法』(芦部信喜補訂、日本評論社、1978)
菅原裕『日本国憲法失効論』(時事通信社、1961)
阪田雅裕『政府の憲法解釈』(有斐閣、2013)
長谷川正安『日本憲法学の系譜』(勁草書房、1993)

 

皇室に関する文献

帝国学士院編『帝室制度史. 第1卷』(帝国学士院、1937-1942)
帝国学士院編『帝室制度史. 第2卷』(帝国学士院、1937-1942)
帝国学士院編『帝室制度史. 第3卷』(帝国学士院、1937-1942)
帝国学士院編『帝室制度史. 第4卷』(帝国学士院、1937-1942)
帝国学士院編『帝室制度史. 第5卷』(帝国学士院、1937-1942)
帝国学士院編『帝室制度史. 附圖』(帝国学士院、1937-1942)
竹田恒泰『語られなかった 皇族たちの真実』(小学館、2011)

 

英国憲法に関する文献

A・V・ダイシー『憲法序説』(伊藤正己他訳、学陽書房、1983)

 

日本法制史に関する文献

奥田慈応『聖徳太子十七条憲法 : 訳註』(勝鬘院、1937)
有賀長雄『国法学. 上』(東京専門学校出版部、1903)
有賀長雄『国法学. 下』(東京専門学校出版部、1903)
隈崎渡『日本法制史』(春秋社、1944)
井上光貞他校注『日本思想大系〈3〉律令』(岩波書店、1976)
島善高『律令制から立憲制へ』(成文堂、2009)

 

日本法制史に関する文献

今谷明『象徴天皇の発見』(文春新書、1999)

 

国家に関する文献

佐藤進一『新版 古文書学入門』(法政大学出版会、初版は1997)
幸田成友校訂『古事記』(岩波書店、1932)
黒板勝美編『日本書紀 : 訓読. 上巻』(岩波書店、1931-1933)
黒板勝美編『日本書紀 : 訓読. 中巻』(岩波書店、1931-1933)
黒板勝美編『日本書紀 : 訓読. 下巻』(岩波書店、1931-1933)
佐伯有義『古語拾遺講義』(桜園書院、1930)
北畠親房『神皇正統記』(岩波書店、1934)
文部省編『国体の本義』(文部省、1937)

 

政治に関する文献

佐々木惣一『立憲非立憲』(朝日新聞社、1950)
妻木忠太編『木戸孝允遺文集』(泰山房、1942)
吉野作造『現代政治講話』(文化生活研究会、1926)
尾佐竹猛『日本憲政史』(日本評論社、1930)
山崎丹照『内閣制度の研究』(高山書院、1942)
浅井清『明治立憲思想史に於ける英国議会制度の影響』(巌松堂書店、1935)

 

国会に関する文献

衆議院事務局『衆議院先例集. 昭和38年版』(衆議院事務局、1963)
参議院事務局『参議院先例録. 昭和43年版』(参議院事務局、1968)

 

外交に関する文献

石井菊次郎『外交余録』(岩波書店、1930)

 

内閣法制局に関する文献

内閣法制局史編集委員会編『内閣法制局史』(大蔵省印刷局、1974)
内閣法制局百年史編集委員会編『内閣法制局百年史』(大蔵省印刷局、1985)
内閣法制局百年史編集委員会編『証言 近代法制の軌跡―内閣法制局の回想』(ぎょうせい、1985)
中村明『戦後政治にゆれた憲法九条 内閣法制局の自信と強さ』(中央経済社、1996)
西川伸一『知られざる官庁・新内閣法制局:立法の中枢「新版」』(五月書房、2002)

 

古代ローマに関する文献

ロナルド・サイム『ローマ革命‐共和政の崩壊とアウグストゥスの新体制』(逸身喜一郎他訳、岩波書店、2013)


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献