沖田芳樹氏のニュース記事まとめ

 

官邸

 

警視総監に関するニュース記事

日付 要旨
平成28(2016)年

09月20日

第93代警視総監に就任 沖田芳樹さん(59)「想定にこだわるな」を胸に

警備部門の経験が長い。

 

前任の警察庁警備局長では伊勢志摩サミット、オバマ米大統領広島訪問の警備を指揮。

 

「百点満点の警備」(政府関係者)と評価は高い。

 

その警備で大事にしているのは「想定にこだわるな」だ。

 

「事前に準備して、想定外をなくすことは大切だが、所詮は想定。想定にとらわれて目の前の現実を想定に当てはめてしまうことで、対処を誤ることがある」。

 

29歳の若き指揮官のときの苦い経験が、その後の警備実施に生かされているのだろう。

 

サイバー攻撃、国際テロの脅威…。

 

4年後に五輪開催を控える首都・東京を取り巻く環境は日ごとに厳しさを増している。

 

その治安を担う警視庁4万6千人のトップに就くことに、「生まれ育った東京の安全を守る責任者になれたのは光栄」としながらも、「責任の重さをひしひしと感じている」と気を引き締める。

 

出典はこちら

 

沖田 芳樹(おきた よしき)氏 経歴

警備部門の経験が長く、警察庁警備局長時代に伊勢志摩サミット、オバマ米大統領広島訪問の警備を指揮していました。
役職
昭和56(1981)年 東京大学法学部卒業

警察庁入庁

平成10(1998)年 警視庁警備部警備第一課長
平成11(1999)年 警視庁第一方面本部長兼警務部参事官
平成13(2001)年 愛知県警察本部警務部長
平成15(2003)年 警察庁長官官房国家公安委員会会務官
平成16(2004)年 香川県警察本部長
平成18(2006)年 宮内庁長官官房総務課長
平成20(2008)年 宮内庁侍従(事務主管)
平成23(2011)年 警察庁長官官房審議官(警備局担当)
平成24(2012)年 愛知県警察本部長
平成26(2014)年 警察庁長官官房総括審議官
平成27(2015)年 警察庁警備局長
平成28(2016)年 警視総監
平成29(2017)年 退官
平成30(2018)年 ANAホールディングス株式会社常勤顧問

日本ギア工業株式会社顧問
日本ギア工業株式会社社外取締役

平成31(2019)年 内閣危機管理監

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

昭和12年学会


ページの先頭へ戻る