天皇と上皇、日本独特の制度だけど、どう違うのかここで教えます!

仙洞御所

日本には、天皇の他に上皇というものがあります。

 

上皇とは、太上天皇のことであり、譲位によって皇位を後継者に譲った天皇の尊号となります。

 

ここでは、天皇と上皇の違いや上皇とは何かご紹介します。

 

 

 

 

太上天皇について

上皇とは太上天皇の略称

中学や高校の日本史において上皇という言葉が出てきます。

 

上皇とは何かといえば、天皇が譲位によって皇位を後継者に譲り、その後譲位元の天皇に贈られる尊号になります。

 

上皇は略称で、正式には太上天皇といいます。
由来は、中国の太上皇帝となっています。

 

太上の意味は、無上、至上の意味で、古来より「だいじょうてんのう」あるいは「だじょうてんのう」と読みます。
また続日本紀に、「おおきすめらみこと」という読み方が見られます。

 

太上天皇の称は、養老儀制令に、「譲位の帝に称するところ」という記載があります。

 

上皇の始まり

始まりは、持統天皇が文武天皇に皇位を譲位した時からになります。
愚管抄にも「太上天皇のはじまりはこの持統の女帝の御時なり」という記載があります。

 

持統天皇から始まる上皇は、江戸時代後期の仁孝天皇に譲位した光格天皇まで、59人の上皇が存在していました。

 

皇祖母尊

中大兄皇子と中臣鎌足らによって蘇我入鹿を打倒した乙巳の変がありました。
その時の天皇が皇極天皇ですが、乙巳の変の後に孝徳天皇に位を譲りました。

 

位を譲った際に太上天皇ではなく、皇祖母尊(すめみおやのみこと)の尊号が贈られています。
意味するところは同じようなもので、それを初例と考えることも出来ます。

 

上皇と法皇の違い

同じく中学や高校の日本史において法皇という言葉が出てきます。
法皇とは、上皇が、出家した場合を法皇といい、正式には太上法皇といいます。

 

法皇の称号は平安時代の宇多天皇が初めてであり、他には白河法皇、鳥羽法皇、後白河法皇などが法皇として院政を行っています。
江戸時代の霊元法皇が、この称号を使った最後の上皇となります。
譲位した天皇が上皇といいますが、先例として天皇にならずに上皇になった例や、女性が上皇の立場になった例もあります。

 

 

嵯峨天皇を起点に上皇が変わる

嵯峨天皇以前の上皇

嵯峨天皇以前の上皇は、律令の儀制令に定められたとおり、譲位した天皇はそのまま太上天皇です。

 

ここで、平城天皇が嵯峨天皇に譲位したときに、嵯峨天皇の兄でもある平城上皇との間で、どちらが実権を握るから争いが起こりました。
平城上皇は、奈良に拠点を置き、二所朝廷といわれる対立となり、のちの南北朝のようにもなりかねない事態となります。
しかし嵯峨天皇は、坂上田村麻呂らによて機先を制し、その争いを平定しました。

 

嵯峨天皇以後の上皇

嵯峨天皇は、平城上皇との経験から、弟の淳和天皇に譲位したときに、太上天皇の尊号を固辞します。
しかし、譲位した先帝の身分が定まらず、さらには太上天皇の尊号が贈られなかった先例もあるため、何とか方法を考えました。

 

それは、新天皇である淳和天皇が、先帝を太上天皇にすると天皇の名で命じることでした。
それによって、天皇と上皇の上下関係をはっきりさせることになりました。
つまり、新天皇の命によって先帝を上皇とすることになるためです。

 

尊号の儀

淳和天皇が嵯峨天皇に太上天皇の尊号を贈ったことが先例となり、以後尊号に際しての儀式があります。

 

始めに、尊号を上る儀があります。
これは、尊号の証書を作成し、尊号を上るべき旨を宣するものとなります。

 

次に、尊号辞退の儀があります。
これは、尊号を上る儀に対して、太上天皇が上書して尊号を辞退するものとなります。
そして尊号辞退に対しては、辞退が再三に及ぶことになりますが、天皇が聴許なき旨を勅答します。

 

太上天皇の尊号を辞退する書面を御辞書または御辞表といい、これに対する天皇の勅答を御報書といいます。

 

 

上皇は院政を行うのか

院政について

上皇になれば、すぐに院政を行うことが出来るのかといえば、出来ません。

 

院政を行うことが出来る上皇は、皇室の家長として行うことになります。
これを「治天の君」といいます。

 

嵯峨天皇以前の院政と呼べる事例

上皇が政治に関与する事例としては、文武天皇の時代の持統上皇が初例です。
とくに淳仁天皇のときは、孝謙上皇が詔して、「国家の大事及び賞罰の二柄は自ら掌握し、祭祀及び小事のみ天皇の親裁に委ねる」とされた例もあります。

 

その後、嵯峨天皇によって、上皇ではなく天皇が皇室の家長という位置づけになりました。

 

天皇は東宮の如し

摂関政治の全盛を迎えた平安時代中期から後期にかけて、後三条天皇が皇位を白河天皇に譲られました。

 

後三条上皇自身も政務を親裁する意図があったと伝えられていますが、その後崩御します。

 

そして白河天皇が堀河天皇に譲位し、一般的に言われる「院政」の時代になります。
それは、白河上皇が政務を親裁することが恒常化していきました。

 

院政というのはのちに称されることになります。

 

院政で有名なのは、白河、鳥羽、後白河、後鳥羽の4上皇ですが、承久の乱後大きな制約を受けるに至りました。

 

 

天皇にならずに上皇になった例

不登極帝

不登極帝とは、天皇になっていない上皇です。
天皇にならずに上皇になった初例としては、承久の乱後に鎌倉幕府の北条義時らによって後鳥羽上皇の異母兄の守貞親王を上皇として院政をさせることにします。
これが後高倉上皇であり、不登極帝の初例となります。

 

尊号一件

不登極帝の例として尊号一件という事件があります。

 

江戸時代後期に後桃園天皇が崩御した際に、世継ぎがいなかったことで、閑院宮家から典仁親王の子であった光格天皇が養子となり、即位しました。
光格天皇は、天皇に即位したことによって、父親よりも位が上となります。
しかも禁中並公家諸法度において親王の序列が摂関家よりも下であるため、江戸幕府以前の先例にならい典仁親王に太上天皇の尊号を贈ろうとしました。
しかし時の老中松平定信は、徳川家康が定めた禁中並公家諸法度は、江戸幕府にとっての祖法であるとして反対されました。

 

そのため、この時には上皇の尊号が贈られることがなくなりましたが、時の将軍である徳川家斉も、父である一橋治済に大御所の尊号を贈ろうと考えていました。
しかしその結果、一橋治済の大御所の尊号も送ることが出来なくなり、一橋治済と徳川家斉父子の怒りを買い松平定信は失脚することになりました。

 

その後、明治に入って明治17(1884)年、明治天皇の高祖父にあたることから、慶光天皇の諡号と太上天皇の尊号が贈られることになりました。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

院政をする上皇は、天皇よりも上皇が皇室の家長になっています。
しかし嵯峨天皇の先例にあるように皇室の家長が天皇であれば、院政による弊害がなくなります。

 

これは日本独特の制度であり、日本の歴史に存在し、そして再びその制度が日本国憲法下のもと復活することになりました。

 

 

この記事のおすすめ本

国民が知らない 上皇の日本史(祥伝社新書)(倉山 満)

上皇の日本史(中公新書ラクレ)(本郷 和人)


 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

昭和12年学会
ページの先頭へ戻る