日本独自の制度である上皇とは何か、天皇や法皇との違いを解説

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

日本独自の制度である上皇とは何か、天皇や法皇との違いを解説

 

仙洞御所

日本には、天皇の他に上皇というものがいます。上皇とは、太上天皇のことであり、譲位によって皇位を後継者に譲った天皇の尊号です。多くの上皇は天皇を経験しているものの、天皇にならずに上皇になった人もています。

 

本記事では、上皇とは何か、上皇と天皇の違いや、法皇との違いを解説していきます。

 


 

太上天皇とは

 

持統天皇

上皇とは太上天皇の略称

中学や高校の日本史において、上皇という言葉が出てきます。また平成から令和に変わった際に、明仁天皇から上皇に変わり、現代人においても馴染みのある名称になったといえるでしょう。

 

上皇とは、天皇が譲位によって皇位を後継者に譲り、その後譲位元の天皇に贈られる尊号です。

 

上皇は略称で、正式には太上天皇といいます。由来は、中国の太上皇帝となっています。太上の意味は、無上、至上の意味で、古来より「だいじょうてんのう」あるいは「だじょうてんのう」と読みます。また続日本紀に、「おおきすめらみこと」という読み方が見られます。

 

太上天皇の称は、養老儀制令に、「譲位の帝に称するところ」という記載があります。

 

同じく中学や高校の日本史において法皇という言葉が出てきます。法皇とは、上皇が、出家した場合のことを法皇といい、正式には太上法皇といいます。法皇の称号は、平安時代の宇多天皇を初例としており、他には白河法皇、鳥羽法皇、後白河法皇などが法皇になります。江戸時代の霊元法皇は、この称号を使った最後の法皇です。

 

上皇の始まりは飛鳥時代の持統天皇

始まりは、持統天皇が文武天皇に皇位を譲位した時からになります。愚管抄にも「太上天皇のはじまりはこの持統の女帝の御時なり」という記載があります。

 

持統天皇から始まる上皇は、江戸時代後期の仁孝天皇に譲位した光格天皇まで、59人の上皇が存在していました。

 

皇祖母尊は上皇と違うのか

持統天皇の上皇の前に皇祖母尊(すめみおやのみこと)という尊号が贈られた天皇がいます。

 

中大兄皇子と中臣鎌足らによって蘇我入鹿を打倒した乙巳の変がありました。その時の天皇が皇極天皇で、乙巳の変の後に孝徳天皇に位を譲りました。

 

位を譲った際に孝徳天皇より、太上天皇ではなく、皇祖母尊の尊号が贈られました。尊号の名称は異なるものの、意味するところは同じようなもので、それを初例と考えることもできます。

 

しかし、名称の違いから、あくまで持統天皇が上皇の初例としています。


 

嵯峨天皇を起点に上皇が変わる

 

嵯峨天皇

嵯峨天皇以前の上皇

嵯峨天皇以前の上皇は、律令の儀制令に定められたとおり、譲位した天皇はそのまま太上天皇です。平城天皇が嵯峨天皇に譲位したときに、嵯峨天皇の兄でもある平城上皇との間で、どちらが実権を握るかの争いが起こりました。

 

平城上皇は、奈良に拠点を置き、二所朝廷といわれる対立となり、のちの南北朝のようにもなりかねない事態となります。しかし、嵯峨天皇は、坂上田村麻呂らによって機先を制し、その争いを平定しました。

 

嵯峨天皇以後の上皇

嵯峨天皇は、平城上皇との経験から、弟の淳和天皇に譲位したときに、太上天皇の尊号を固辞します。しかし、譲位した先帝の身分が定まらず、太上天皇の尊号が贈られなかった先例もあるため、方法を考えました。

 

その方法とは、新天皇である淳和天皇が、先帝を太上天皇の尊号を与えると天皇の名で命じることでした。つまり、天皇と上皇の上下関係をはっきりさせることにしました。

 

尊号の儀

淳和天皇が嵯峨天皇に太上天皇の尊号を贈ったことが先例となり、以後の尊号に際しての儀式があります。

 

始めに、尊号を上る儀があります。尊号の証書を作成し、尊号を上るべき旨を宣するものとなります。次に、尊号辞退の儀があります。尊号を上る儀に対して、太上天皇が上書して尊号を辞退するものです。
そして尊号辞退は、辞退が再三に及ぶことになるものの、天皇が聴許なき旨を勅答します。

 

太上天皇の尊号を辞退する書面を御辞書または御辞表といい、これに対する天皇の勅答を御報書といいます。


 

上皇は院政を行うのか

 

白河上皇

院政について

上皇になれば、誰でもすぐに院政を行うことができるのかといえば、できるわけではありません。院政を行うことができる上皇は、皇室の家長として行っています。これを「治天の君」といいます。

 

嵯峨天皇以前の院政と呼べる事例

上皇が政治に関与する事例としては、文武天皇の時代の持統上皇が初例です。とくに淳仁天皇のときは、孝謙上皇の詔が示すように天皇よりも上皇が政治を行うようになります。

 

 国家の大事及び賞罰の二柄は自ら掌握し、祭祀及び小事のみ天皇の親裁に委ねる

 

その後、嵯峨天皇によって、上皇ではなく天皇が皇室の家長という位置づけになりました。

 

天皇は東宮の如し

摂関政治の全盛を迎えた平安時代中期から後期にかけて、後三条天皇が皇位を白河天皇に譲りました。後三条上皇自身も政務を親裁する意図があったと伝えられているものの、その後崩御してしまいます。

 

そして白河天皇が堀河天皇に譲位し、一般的にいわれる「院政」の時代になりました。その後白河上皇が「治天の君」として政務を親裁することが恒常化するためです。

 

院政で有名なのは、白河、鳥羽、後白河、後鳥羽の4上皇です。しかし、後鳥羽上皇を中心とした朝廷が承久の乱に敗北したことで、大きな制約を受けるに至りました。


 

天皇にならずに上皇になった例

 

後高倉院

不登極帝

不登極帝とは、天皇になっていない上皇です。天皇にならずに上皇になった初例としては、承久の乱後に鎌倉幕府の北条義時らによって後鳥羽上皇の異母兄の守貞親王を上皇として院政をさせることにします。これが後高倉上皇であり、不登極帝の初例となります。

 

尊号一件

不登極帝の例として尊号一件という事件がありました。江戸時代後期に後桃園天皇が崩御した際に、世継ぎがいなかったことで、閑院宮家から典仁親王の子であった光格天皇が養子となり、即位しました。

 

光格天皇は、天皇に即位したことによって父親よりも位が上となりました。しかも、禁中並公家諸法度において親王の序列が摂関家よりも下であるため、江戸幕府以前の先例にならい典仁親王に太上天皇の尊号を贈ろうとしました。しかし、時の老中松平定信は、徳川家康が定めた禁中並公家諸法度は、江戸幕府にとっての祖法であるとして反対され、典仁親王に上皇の尊号は贈られることがなくなりました。

 

しかし時の将軍である徳川家斉も、父である一橋治済に大御所の尊号を贈ろうと考えていました。老中松平定信の決定は、一橋治済に大御所の尊号を贈ることもできなくなってしまい、一橋治済と徳川家斉父子の怒りを買って、松平定信は失脚しました。

 

その後、明治17(1884)年、明治天皇の高祖父にあたることから、慶光天皇の諡号と太上天皇の尊号が贈られることになりました。


 

太上天皇の尊号を贈られた天皇

 

光格天皇

かっこ書きされている太上天皇は、天皇にならずに太上天皇の尊号を贈られた者です。

 

太上天皇 太上天皇期間 尊号宣下年月日 在位の天皇
持統 持統11年8月1日(譲位)

大宝2年12月22日(崩御)

文武
元明 和銅8年9月2日(譲位)

養老5年12月7日(崩御)

元正
元正 養老8年2月4日(譲位)

天平20年4月21日(崩御)

聖武
聖武 天平感宝元年7月2日(譲位)

天平勝宝8年5月2日(崩御)

孝謙
孝謙 天平宝字2年8月1日(譲位)

天平宝字8年10月9日(重祚)
神護景雲4年8月4日(崩御)

淳仁
光仁 天応元年4月3日(譲位)

天応元年12月23日(崩御)

桓武
平城 大同4年4月1日(譲位)

天長元年7月7日(崩御)

嵯峨、淳和
嵯峨 弘仁14年4月16日(譲位)

承和9年7月15日(崩御)

弘仁14年4月23日 淳和、仁明
淳和 天長10年2月28日(譲位)

承和7年5月8日(崩御)

天長10年3月2日 仁明
清和 貞観18年11月29日(譲位)

元慶4年12月4日(崩御)

貞観18年12月8日 陽成
陽成 元慶8年2月4日(譲位)

天暦3年9月29日(崩御)

元慶8年2月4日 光孝、宇多、醍醐、朱雀、村上
宇多 寛平9年7月3日(譲位)

承平元年7月19日(崩御)

寛平9年7月10日 醍醐、朱雀
醍醐 延長8年9月22日(譲位)

延長8年9月29日(崩御)

朱雀
朱雀 天慶9年4月20日(譲位)

天暦6年8月15日(崩御)

天暦9年4月26日 村上
冷泉 安和2年8月13日(譲位)

寛弘8年10月24日(崩御)

安和2年8月25日 円融、花山、一条、三条
円融 永観2年8月27日(譲位)

正暦2年2月12日(崩御)

永観2年9月9日 花山、一条
花山 寛和2年6月23日(譲位)

寛弘5年2月8日(崩御)

寛和2年6月28日 一条
一条 寛弘8年6月13日(譲位)

寛弘8年6月22日(崩御)

三条
三条 長和5年1月29日(譲位)

寛仁元年5月9日(崩御)

長和5年2月13日 後一条
後朱雀 寛徳2年1月16日(譲位)

寛徳2年1月18日(崩御)

寛徳2年1月16日 後冷泉
白河 応徳5年11月26日(譲位)

大治4年7月7日(崩御)

応徳3年12月2日 堀川、鳥羽、崇徳
鳥羽 保安4年1月28日(譲位)

保元元年7月2日(崩御)

保安4年2月2日 崇徳、近衛、後白河
崇徳 永治元年12月7日(譲位)

長寛2年8月26日(崩御)

永治元年12月9日 近衛、後白河、二条
後白河 保元3年8月11日(譲位)

建久3年3月13日(崩御)

保元3年8月17日 二条、六条、高倉、安徳、後鳥羽
二条 永万元年6月25日(譲位)

永万元年7月28日(崩御)

永万元年6月29日 六条
六条 仁安3年2月19日(譲位)

安元2年7月17日(崩御)

仁安3年2月28日 高倉
高倉 治承4年2月21日(譲位)

治承5年1月14日(崩御)

治承4年2月27日 安徳
後鳥羽 建久9年1月11日(譲位)

延応元年2月22日(崩御)

建久9年1月20日 土御門、順徳、仲恭、後堀川、四条
土御門 承元4年11月25日(譲位)

寛喜3年10月11日(崩御)

承元4年12月5日 順徳、仲恭、後堀川
順徳 承久3年4月20日(譲位)

仁治3年9月12日(崩御)

承久3年4月23日 仲恭、後堀川、四条、後嵯峨
(後高倉)

守貞親王

貞応2年5月14日(崩御)

承久3年8月16日 後堀川
後堀川 貞永元年10月4日(譲位)

天福2年8月6日(崩御)

貞永元年10月7日 四条
後嵯峨 寛元4年1月29日(譲位)

文永9年2月17日(崩御)

寛元4年2月13日 後深草、亀山
後深草 正元元年11月26日(譲位)

嘉元2年7月16日(崩御)

正元元年12月2日 亀山、後宇多、伏見、後伏見、後二条
亀山 文永11年1月26日(譲位)

嘉元3年9月15日(崩御)

文永11年2月2日 後宇多、伏見、後伏見、後二条
後宇多 弘安10年10月21日(譲位)

元亨4年6月25日(崩御)

弘安10年11月15日 伏見、後伏見、後二条、花園、後醍醐
伏見 永仁6年7月22日(譲位)

文保元年9月3日(崩御)

永仁6年8月3日 後伏見、後二条、花園
後伏見 正安8年1月21日(譲位)

延元元(建武3)年4月6日(崩御)

正安3年1月29日 後二条、花園、後醍醐
花園 文保2年2月26日(譲位)

正平3(貞和4)年11月11日(崩御)

文保2年3月10日 後醍醐、後村上
後醍醐 延元(暦応2)4年8月15日(譲位)

延元4(暦応2)年8月16日(崩御)

後村上
長慶 弘和3(永徳3)年(譲位)

応永元年8月1日(崩御)

後亀山、後小松
後亀山 元中9(明徳3)年閏10月5日(譲位)

応永31年4月12日(崩御)

明徳5年2月23日 後小松、称光
光厳 元弘3(正慶2)年5月25日(譲位)

正平19(貞治3)年7月7日(崩御)

元弘3(正慶2)年12月10日 光明、崇光、後光厳
光明 正平3(貞和4)年10月27日(譲位)

天授6(康暦2)年6月24日(崩御)

正平3(貞和4)年11月25日 崇光、後光厳、後円融
崇光 正平6(観応2)年11月7日(譲位)

応永5年1月13日(崩御)

正平6(観応2)年12月28日 後光厳、後円融、後小松
後光厳 建徳2(応安4)年3月23日(譲位)

文中3(応安7)年1月29日(崩御)

建徳2(応安4)年閏3月6日 後円融
後円融 弘和2(永徳2)年4月11日(譲位)

明徳4年4月26日(崩御)

弘和2(永徳2)年4月25日 後小松
後小松 応永19年8月29日(譲位)

永享5年10月20日(崩御)

応永19年9月5日 称光、後花園
(後崇光)

伏見宮貞成親王

康正2年8月29日(崩御)

文安4年11月27日 後花園
後花園 寛正5年7月19日(譲位)

文明2年12月27日(崩御)

寛正5年8月9日 後土御門
正親町 天正14年11月7日(譲位)

文禄2年1月5日(崩御)

天正14年11月 後陽成
(陽光)

天正14年7月24日(崩御)

(薨去後追贈)
後陽成 慶長16年3月27日(譲位)

元和3年8月26日(崩御)

慶長16年4月7日 後水尾
後水尾 寛永6年11月8日(譲位)

延宝8年8月19日(崩御)

寛永6年11月8日 明正、後光明、後西、霊元
明正 寛永20年10月3日(譲位)

元禄9年11月10日(崩御)

寛永20年10月12日 後光明、後西、霊元、東山
後西 寛文3年1月26日(譲位)

貞享2年2月22日(崩御)

寛文3年2月3日 霊元
霊元 貞享4年3月21日(譲位)

享保17年8月6日(崩御)

貞享4年3月25日 東山、中御門
東山 宝永6年6月21日(譲位)

宝永6年12月17日(崩御)

宝永6年6月24日 中御門
中御門 享保20年3月21日(譲位)

元文2年4月11日(崩御)

享保20年3月23日 桜町
桜町 延享4年5月2日(譲位)

寛延3年4月23日(崩御)

延享4年5月7日 桃園
後桜町 明和7年11月24日(譲位)

文化10年閏11月2日(崩御)

明和7年11月25日 後桃園、光格
光格 文化14年3月22日(譲位)

天保11年11月19日(崩御)

文化14年3月24日 仁孝
(慶光)

閑院宮典仁親王

寛政6年7月6日(崩御)

明治17年3月19日(追贈)
上皇 平成31年4月30日(譲位) 令和元年5月1日 今上

 

院政をした太上天皇

院政期間 院政年数 在位の天皇
白河 応徳3年11月26日(譲位)

大治4年7月7日(崩御)

42年9ヶ月 堀川、鳥羽、崇徳
鳥羽 大治4年7月7日(白河院崩御)

保元元年7月2日(崩御)

27年1ヶ月 崇徳、近衛、後白河
後白河 保元3年8月11日(譲位)

治承3年11月20日(院政停止)

21年4ヶ月 二条、六条、高倉
高倉 治承4年2月21日(譲位)

治承5年1月14日(崩御)

1年 安徳
後白河 治承5年1月17日(院政再開)

建久3年3月13日(崩御)

11年3ヶ月 安徳、後鳥羽
後鳥羽 建久9年1月11日(譲位)

建久3年7月9日(仲恭天皇退位)

23年7ヶ月 土御門、順徳、仲恭
後高倉 承久3年8月16日(尊号宣下)

貞応2年5月14日(崩御)

1年10ヶ月 後堀川
後堀川 貞永元年10月4日(譲位)

天福2年8月6日(崩御)

1年11ヶ月 四条
後嵯峨 寛元4年1月29日(譲位)

文永9年2月17日(崩御)

26年2ヶ月 後深草、亀山
亀山 文永11年1月26日(譲位)

弘安10年10月21日(後宇多天皇譲位)

13年10ヶ月 後宇多
後深草 弘安10年10月21日(伏見天皇受禅)

正応3年2月11日(院政停止)

2年6ヶ月 伏見
伏見 永任6年7月22日(後伏見天皇受禅)

正安3年1月21日(後伏見天皇譲位)

2年8ヶ月 後伏見
後宇多 正安3年1月21日(後二条天皇受禅)

徳治3年8月25日(後二条天皇崩御)

7年8ヶ月 後二条
伏見 徳治3年8月26日(花園天皇践祚)

正和2年10月14日(政務委譲)

5年3ヶ月 花園
後伏見 正和2年10月14日(伏見院政務委譲)

文保2年2月26日(花園天皇譲位)

4年5ヶ月 花園
後宇多 文保2年2月26日(後醍醐天皇受禅)

元亨元年12月9日(院政停止)

3年11ヶ月 後醍醐
後伏見 元弘元年9月20日(光厳天皇践祚)

元弘3年5月25日(光厳天皇退位)

1年10ヶ月 光厳
光厳 建武3年8月15日(光明天皇践祚)

観応2年11月7日(崇光天皇退位)

15年4ヶ月 光明、崇光
後光厳 応安4年3月23日(譲位)

応安7年1月29日(崩御)

2年12ヶ月 後円融
後小松 応永19年8月29日(譲位)

永享5年10月20日(崩御)

21年3ヶ月 称光、後花園
後花園 寛正5年7月19日(譲位)

文明2年12月27日(崩御)

6年6ヶ月 後土御門
後陽成 慶長16年3月27日(譲位)

元和3年8月26日(崩御)

6年6ヶ月 後水尾
後水尾 寛永6年11月8日(譲位)

慶安元年〜2年(院政停止)

19〜20年 明正、後光明
後水尾 寛文3年1月26日(霊元天皇受禅)

寛文9年(院政停止)

7年 霊元
霊元 貞享4年3月21日(譲位)

元禄6年11月26日(院政停止)

6年9ヶ月 東山
東山 宝永6年6月21日(譲位)

宝永6年12月17日(崩御)

7ヶ月 中御門
霊元 宝永6年12月17日(東山院崩御)

享保2年(院政停止)

8年 中御門
中御門 享保20年3月21日(譲位)

元文2年4月11日(崩御)

2年2ヶ月 桜町
桜町 延享4年5月2日(譲位)

寛延3年4月23日(崩御)

3年 桃園
光格 文化14年3月22日(譲位)

天保11年11月19日(崩御)

23年9ヶ月 仁孝

 

まとめ

 

太上天皇の尊号を贈られた者は、北朝を含めて63人、院政をした太上天皇は30人です。院政をする上皇は、天皇よりも上皇が皇室の家長になっており、強い影響力を皇室に発揮していることで起こります。そして皇室の家長のことを「治天の君」といいます。

 

嵯峨天皇の先例は、皇室の家長を天皇としているため、院政による弊害がありませんでした。令和に誕生した上皇は、嵯峨天皇の先例に従っているといえ、その先例に従えば、上皇による弊害は少ないといえるでしょう。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。

この記事が誰かの役に立ちそうだと感じていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ページの先頭へ戻る