『天皇生前退位 制度化は「憲法改正が必要」』平成28(2016)8月22日 日テレニュース

内閣法制局

要点

政府関係者によると、生前退位を将来にわたって可能にするためには「憲法改正が必要」と内閣法制局などが指摘する。

 

天皇の意思で退位すれば、憲法第1条に抵触するという理由。

 

ただし、生前退位を今の天皇だけに限定すれば、特例法の制定で対応は可能である。

 

日考塾の意見

平成28(2016)年8月8日に当時の天皇が「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」を表明しました。制度化に憲法改正が必要という内閣法制局の見解は置いておくにしても、日本国憲法下における譲位の先例が作られました。

 

出典はこちら

 

令和4(2022)年12月4日公開